« 2009年2月 | トップページ

2009年3月

決意

現在高一の長女。もう実質春休み状態です。

先週始めに学年末試験が終了し4日間ほどの試験休みの後、答案返却日、卒業式に顔を出す程度で来週月曜の修了式まで学校はありません。その間週に1、2回部活で学校へ行く程度です。

普段家にいない者がいるのはなんだか調子狂います。朝ごはんもサッと片付かないし。朝が遅いから昼もズレ込むし。完全にペースが乱されています。

もう大きいからそばにいてお世話をしてやる必要はないのです。放っておけばいいのです。ですが、なんだかなぁ~という感じなのです。小さな時は毎日家にいてもこんなこと思わなかったのに…

と、母のぼやきはここまでにして、

フルート、発表会まであと10日になりました。先日はピアノ伴奏の方と一緒に合わせてみました。あ~いよいよなんだなぁ~と、緊張も高まります。先生にはもうあまり注意されることもなくなり・・・それはそれで逆に不安だったりします。

「今の私のレベルで」という条件付ならOKなんだと思います。自分的にもどうにかしたい箇所が無いわけではありませんが、これは発表会までにどうこうなることではないので、とりあえず今どうにかしようとは思いません。

が、今のレベルでの出来具合として、「これでいいんだろうか?」という思いが付きまといます。練習すればするほど、「どう吹けばいいの?」と思うこともあります。出来具合の基準みたいなものが分からないのだと思います。

教則本などなら課題に沿って練習するので、「出来た」「出来ない」が分かりやすいのですが・・・。

なんだかポジティブな気持ちも持ちつつネガティブな気持ちも混在していて、これらを引きずっての発表会になるのでしょうが、「これも経験!1回でも出て演奏してみないことには何も分かりようがないのだ!!」と腹をくくることにしました。

とりあえずやります!!

| | コメント (2)

発表会を20日後に控えて

発表会まであと20日です。

「まだ」20日「も」ある!なのか、「もう」20日「しか」ない!!なのか・・・

どう感じるかはその人次第ですが、その時間が短かろうと長かろうと、時間は無いわけではありません。出来る限りのことをして、淡々と日々過ごせたら・・・理想ですね。

でも、現実は理想どおりにはなかなかいかないようで・・・

「落ち着こうとする自分」と「焦る自分」がせめぎあっています。

人の前で話したりする経験は何度かありますが、演奏などは初めて。小・中学校の笛のテスト以来です。経験者の体験から大まかにイメージすることは出来ますが、自身に経験がないのでイメージできない部分も多々あります。

先生には「私の演奏、聴いて、聴いてっ!!」くらいの気持ちで臨むと良いと言われました。そうですよね、そのくらいの気持ちで、バァ~ン!と舞台に立てれば「こっちのもの!」って感じがします。堂々としていれば呼吸もスムーズでしょうし。モソモソって現れて、自信無げに吹くのでは息もタップリ使えないように思えます。

「オレの話を聞けぇ~♪」ではないですが、そんなノリで・・・果たしてヘンデルはそのノリでOKか? ・・・臨みたいです。

5分だけでもいい??2分だけでもいい??・・・ソロ6分、アンサンブル5分くらいになる模様です。

| | コメント (5)

« 2009年2月 | トップページ