« 朗読会 | トップページ | 再生 »

さっそくお声が・・・

 かかりました~happy01

 先日の記事に書いた、朗読をしている友人が来月早々に都内某高齢者施設に慰問に行くので、そこで2~3曲吹いてもらえないかというお誘いが来ました。

 すぐにでも「行きます!!」とお返事したい気持ちを抑えながら日時を見ると・・・がぁ~んshock、この日はなんと次女の中学の行事の日。お手伝いも頼まれています。残念ですが、学校の方が先に決まっていたので仕方ありません。友人には次の機会にまた声をかけてね、と返事をしました。 

 というわけで、いつ声がかかっても対応できるように、高齢者向けの傾向と対策を練っておくことにしました。やはり抒情歌というか、日本の曲がいいのかなぁ?と思いながら、レッスン後に先生に尋ねてみると、童謡など日本唱歌がいいのでは?ということでした。誰もが知っていて、口ずさむことの出来るような曲、明るく穏やかなメロディーが相応しい。「死」や「老い」などネガティブな要素を連想させるような曲はもちろんタブー。と、私の予想通りのお答えでしたが、このことをお話した時に、先生がとても嬉しそうなお顔をされたのが印象的でした。

 さて、今日は長女にちょっと遅い誕生日プレゼントとして、バス・トロンボーン用のミュートを買うために楽器店に行ってきました。中学時代には学校のミュートを使っていましたが、高校にはバス・トロそのものがなく、当然バス・トロ用ミュートもありません。これまではその都度中学にに借りに行っていたのですが、結構な頻度で使うため自前のものが欲しくなったとのこと。ちなみに娘は友人から「誕生日のプレゼントにミュートなんて、あんた馬鹿だ!」と言われたそうですsweat01。ティーンの女子だったら、この機会にバッグや服など、ファッション系のもので、自分ではちょっと買えなさそうな物を買ってもらえ、「ミュート」なんて地味なものはやめておけ、と言うことかもしれませんね。でもね、娘よ、母はアナタの自分の気持ちに素直なところが大好きだよ。

 思いっきり余談を挟んでしまいましたがcoldsweats01、楽器店に行ったついでにその手の楽譜も見てきました。はっきり言って、自分から進んで演奏してみたいと思ったことのない分野です。この中に好きな曲があるわけではありませんが、演奏してみたいと思える曲があったのでとりあえず2冊、買ってきました。

Rimg0453

 ピアノ伴奏譜付のものと伴奏カラオケCD付のものです。フルート1本で頑張れる自信はないのでcoldsweats01、「施設にピアノがあって伴奏者も見つけられた場合」と、「自分ひとりでやる場合」を想定してみました。どの曲もあまり難しくないので、日常の練習の負担になることもないでしょう。なので、この中から何曲か吹けるようにしておこうと思います。とりあえず、「川の流れのように」、「昴」、「里の秋」、「みかんの花咲く丘」あたりが候補です。

 で、本来の練習はと言うと・・・19課の3番、ハイドンの「ソナタ」が終わってホッととしたのも束の間。20課もなんか微妙だぁ~。開けた扉の向こうにもうひとつ扉が・・・と言う感じです。正直、20課のことを考えるとブルーになります。ほんの数小節だけど、途中の4分の2拍子の部分を"Presto"で吹けるようになる日など来るのでしょうか?一方、ヘンデルのソナタ(No.2 G moll)は、第3楽章をやりました。「白玉ばかり、とナメていると厄介ですよ。」と言われましたが、図星ですsweat02。第4楽章もとりあえず聴いていただきました。こちらは大丈夫だったみたい。どうにか第1~4楽章まで通して演奏できる可能性が高まってきました~happy01

 これからはいろいろな練習をしていくことになりますが、ちょっとだけ世界が広がったようで、ますます楽しくなってきましたnote

|

« 朗読会 | トップページ | 再生 »

フルート」カテゴリの記事

コメント

>世界が広がる・・・
いいなぁ~。
私は今まだ2楽章譜読み段階で、トリルの嵐に『知らない世界に』飛んでいきそうですぅ  
・・・・~~_ノフ○ ひゅぅ~

投稿: タリア | 2008/10/20 00:14

慰問ですかぁ。良い事ですね(^^)
少しずつレパートリー増やして、沢山の人に喜んでもらえますように☆
忙しい中、練習も大変だと思うけど頑張ってくださいね♪
余談ですが・・・私のマイミクさんが、写真左側の本を買ったという日記を今さっき読んだばかり。
すごい偶然です☆

投稿: くろねこ | 2008/10/20 06:04

☆コメントありがとうございます☆

♪タリアさん♪
「世界が広がる」って行っても、微々たるものでしてsweat01
トリルは難しいですね。私もカッコ良く収まらず苦労しています。
大体装飾音、見ただけで引いてしまう私です。

♪くろねこさん♪
思いがけない曲を練習することになり、楽しいのですが、音は確実に外に漏れていることを思うと、「昴」とか、「川の流れのように」はちょっと恥ずかしいかなぁ~。ヘンデルやら美空ひばりやら、「何この人?」って思われやしないか・・・って自分が思うほど他人は気にしちゃぁいないでしょうけど。

写真左側の本は中高年受けしそうなシブイ曲が多いです。「天城越え」なんて、「吹く」よりもむしろ、フルートをマイクkaraokeに見立てて熱唱しちゃいそうですcoldsweats01

投稿: はるな | 2008/10/21 13:12

こんにちは。慰問演奏やいろいろな年齢の方に
聞いていただくには、先日アンサンブルでついている
先生の演奏するのを拝見したとき、プログラミング
されていた曲は、童謡やカーペンターズなどの
昔の洋楽・・・(という表現が正しいのかは疑問ですが)
も多く、私もいろいろな場所での選曲の参考になりました。
レパートリーの充実をはかりたいと思います。
天城越えは、私もフルートじゃなくて、歌いたいかも(笑)

投稿: みや | 2008/10/22 09:24

♪みやさん♪

慰問演奏などの場でどのような選曲がなされているか、
実際に聴くチャンスがあると良いですよね。

これまでは自分がレッスンで習う曲がすべてでしたが、
いろいろなジャンルにアンテナを張り巡らせていきたいです。

みやさんのおすすめの曲などがあれば、いつか教えてくださいね。

ところでみやさん、カラオケkaraoke好きなのかなぁ~~wink

投稿: はるな | 2008/10/22 17:13

慰問演奏のお誘いに、アルテにヘンデル・・・フルート・ライフ満喫ですね!

慰問演奏の方はスケジュールが合わなかったようですが、また次の機会があるといいですね!

人前で吹く機会も発表会以外はなかなかないでしょうし、それが人様のお役に立てるならまさしく一石二鳥ですね!?

楽譜・・・もしお役に立てるものがあればいつでも送りますので遠慮なくお申し付けくださりませ・・・です。

投稿: piccolo | 2008/10/27 05:10

♪piccoloさん♪
まだ慰問にも行ってませんし、次の予定も入ってはいないですが、
友人が声をかけてくれたことがとても嬉しかったです。次のお誘いを
首を長くして待っているところです。

また、こんな展開になるとはフルートを始めた頃には想像すらして
いませんでした。ふとしたきっかけでフルートと再会し、ひたすら
頭部管のみと格闘しsweat01、どうにかピ~と鳴って喜んでいた頃を思うと、

感無量です。ほんとにあそこでめげずにフルートを続けていて良かった
と思います。

楽譜、ありがとうございます!今後、お願いすることがあるかもしれませんが、
その時にはよろしくお願いいたしますっ!

投稿: はるな | 2008/10/28 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朗読会 | トップページ | 再生 »