« まだまだ続きます | トップページ | 雨の日に »

久々のブログ、そして久々の・・・

 すっかりほったらかしにしておりました~coldsweats01

 いろいろとバタバタとしていましたが、フルートの練習時間はいつもどおり何とか確保して、ボチボチとやっています。指が回らず半泣き状態だった18課冒頭の16分音符の嵐もクリアしました。私の弱点、「レ・ミ・ファ♯」周辺の指回しは、テンポを上げるにつれ、音が出なくなることが判明し、まずは「音を出す。鳴らす。」ことに重点を置いて、練習しました。まずは2音、できたら3音、4音と音を続けて吹いていきながら、最後に1小節通して少しずつ練習を重ねた結果、ぎこちないなりにも、何とかできるようになりました。そんなわけで、3番をやっている今も、18課冒頭の練習曲は続けています。さしずめ、指のウォーミングアップといった感じですね。ただ、この練習をプラスしてしまったため、全調のスケール&アルペジオを省くことの多い今日この頃・・・これもなるべくやっていきたいものです。

 最近は替え指の指使いにも慣れ、運指表をあまり見ることもあまりなくなりましたが、気になることがひとつあります。「替え指」を用いたときの「音」です。私は音感に優れているわけでも何でもありませんが、ピッチのズレに「?」と思うこともしばしば。音質もクリアではないようだし・・・。このようなことは正規の運指であってもアンブシュアや、楽器の持ち方、その他さまざまな条件でも起こり得るのでしょうが、「替え指」のときに感じる違和感は吹いていてあまり気持ちのいいものではなくて・・・。といっても18課をやっている間は替え指ばかり出てくるわけですから、当分は辛抱ですね~bearing

 「タイスの瞑想曲」もどうにか終わりました。まだまだ完璧ではないでしょうが、先生に見て頂いたおかげで、前よりは「この曲の吹き方」というものが少しわかったように思えます。曲想の変化が激しく、難しい曲ですが、ピアノの伴奏をつけて吹いてみたら、とても気持ち良かった~heart02。ですが、後半、「自分だけの曲の世界」へと旅立ってしまいcoldsweats01、ピアノの伴奏とかみ合わなかったりする部分も・・・なんだか、「俺様ワールド」に浸りきったオヤジが、劣悪な「マイ・ウェイ」を熱唱している様と通じるような気がして、ちょっと恥ずかしいですcoldsweats01。また、元々フルートのオリジナル曲ではないためか、息がとっても苦しいのですが、好きな曲を吹くことの楽しさを存分に味わえた幸福な瞬間でした。

 「幸福な瞬間」つながりということで、話はまったく変わりますが、先週末は至福のひと時を味わってまいりました。

 義母を誘い、こんな舞台(ミュージカル)を観てきました。2004年10月、新宿コマ劇場における「芸能生活30周年記念・錦秋公演」以来の久々の健さんです。「父の日」を翌日に控えた6月14日、義父をほったらかして、義母のみを連れ出すというのも嫁としてどうかと思われますがcoldsweats01、通常「S席1枚¥11,000」のところ、「S席ペアで¥15,000」というウレシイお知らせを受けて、行ってまいりました。

 この作品はブロードウェイなどの海外モノの翻訳ではなく、オリジナル作品です。つまり「健さんのために演出された、健さんのための作品」と私は勝手に解釈しておりますですcoldsweats01。そんなわけで、健さん、もとい、ドラキュラ伯爵の登場の仕方とかその他もろもろ、健さんならではの見どころというか、突っ込みどころにあふれていて、とても素敵でした。圧巻は宙を舞う健さんでしょうか~sweat01。でも、どんなに笑っちゃいそうな現れ方をしても、カッコいいところが、さすが健さんです。

 「健さん、健さん」ばかりで、あとはどうってことないのかというと、そんなことはありません。脇を固めるのは宝塚・劇団四季coldsweats01の実力派。配役を見て、元グロール・タイガー、元マンカストラップ、元スキンブルシャンクスじゃないの~!?ひとりで勝手に興奮してしまいました。なかでも元グロール・・・じゃなくてドラキュラの執事・バベル役の光枝明彦さんが素敵でした。コミカルで独特な存在感がありながら、決してでしゃばり過ぎない、ベテランならではの演技なのでしょうね。歌う場面は少ないものの、深く、包み込まれるような歌声も健在でした。

 健さんと言えば、多くの方があの曲を思い浮かべることと思いますが、席に着いてすぐ、プロセニアム・アーチ上方にミラーボールを発見してしまいました。不覚にもちょっとサンバな期待をしてしまいましたが、これは別の目的で使われます。いないとは思いますが、サンバを期待して行かれる方がいるといけないので、一応言っておきます。サンバはありません!!

 そして、¥2,500也の公演プログラム(高っ!)は素敵なおまけ付きで~すheart04。                   

Matsuken_2
もれなく「ポストカード」が付いてきます

|

« まだまだ続きます | トップページ | 雨の日に »

フルート」カテゴリの記事

コメント

ピッチ、ずれますよね~。
替え指なので、とりあえず音よりも運指優先なのでしょうが。。。
18課の替え指は知りませんが、トリルキィなんかで正規の運指じゃないのも
たま~に出てきます。
素早く吹けばそうでもないのかもしれないけれど、ゆっくりめに吹いていると
「あれ?」と思う事が多いです(^^;

健さん、ドラキュラなんですね。
ミュージカル大好きで、以前はよく観にいきましたが、最近はサッパリです。
ちびが大きくなったらまた行きたいなぁ~。

投稿: くろねこ | 2008/06/18 15:10

♪くろねこさん♪
やっぱり気になりますよね、替え指の音。
トリルとかでちょろっと出てくる分にはOKですが、
今はそればかりを重点的にやっているので・・・coldsweats01

健さんは18年ぶりのミュージカルだそうです。
今週末までドラキュラでらっしゃいます。

投稿: はるな | 2008/06/19 08:35

替え指でのずれはまだ気付いてないです(*^-^*)
(まだ指練習としてしか意識がいってないため。)

1音ずつ増やしての練習。私も今のがリズミカルで装飾音符ありで
難しいので、その様に頑張ろうと思います♪

タイス終わったのですね。私の世界へ~って分かります。
酔っちゃいますよね。気持ちよいだろうなぁ~☆
次は何の曲でしょう。

投稿: Alice | 2008/06/19 17:03

♪Aliceさん♪
上手くいかないところがあると、どうしても焦ってしまうんですが、
やっぱり一つ一つしっかり着実に積み重ねていくのが、結局は近道
なんだなぁ~と実感したところです。Aliceさんもがんばってみてね!

そう、酔っちゃいますね~。でも下手っぴのくせに自己陶酔で吹き
まくっているので、はた迷惑かもcoldsweats01。でも、自分が気分良く吹ければ
いいかなぁ~とも思ったりして・・・sweat01

家族のみんなとご近所様には感謝!です。

投稿: はるな | 2008/06/20 17:26

「レ・ミ・ファ♯」ホントやっかいですよねぇ(涙)
でもモーツァルトはじめ素敵な曲の多くにD-durの曲があるから、何とか華麗に吹きこなしたいものですよねぇ・・・
あせらずにじっくりがんばってくださいねぇ!

今日、はじめてブログ仲間の方たちとアンサンブルをしてみることになりました!
そのうちはるなさんともアンサンブルできるといいですねぇ~

投稿: piccolo | 2008/06/22 06:34

♪Piccoloさん♪

「レ・ミ・ファ♯」あたりの指回しが厄介なのは、薬指の
上げ下げ絡んでいるのでは?とにらんでいますcoldsweats01
なぜ、薬指ってああも動かしにくいものなのでしょうかねぇ~?

ブログ仲間の方たちとのアンサンブル素敵ですね~。
私もいつか、ご一緒出来たらいいなぁ~。
そのためにも腕を磨かなくては!

今度、演奏の様子などもお聞かせくださいね。

投稿: はるな | 2008/06/22 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ続きます | トップページ | 雨の日に »