« 替え指 | トップページ | まだまだ続きます »

替え指 -その2-

 「替え指」も何となく覚えてきました。ただし、まだまだ素早くは出来ません。18課の運指表とにらめっこしながらです。昨日のレッスンでは替え指の練習曲をしました。16分音符がズラ~っと並ぶ黒い楽譜ですcoldsweats01。まずはゆっくりやってみましょうということで吹いてみると、なんとかOKです。♩=80前後のテンポでしょうか。

 しか~し、指定のテンポは♩=132dash!!あり得ない速さです。まぁ、これでは無理でしょうから・・・ということで、120くらいでやってみてくださいと言われました。幾分遅くはなったけれど・・・自己記録が90いくつとかだから・・・120だって充分ハードル高過ぎです。早速帰宅して取り組むものの、めちゃくちゃです。なんだか呂律の回らない酔っ払いが、在らぬ事を喚きながら乱舞しているみたいです。

 何度やっても改善の兆しが見えてきません。何かこういうものを練習するにはコツみたいなものがあるのかしら?その辺を訊いてきませんでしたが、もしコツがあるなら、それを踏まえて練習しないと、ただ闇雲に何度も繰り返していても埒あかないのでは?なんて思い始める始末です。趣味のフルートです。あまりどんより、暗く落ち込まないようにしていますが、これは久々に訪れた「困難」というヤツでしょうか?「なぁ~んか、ヤダなぁ~」と思い、パラパラとページをめくると・・・替え指の練習は延々と続くのですねぇ~shock

 曲の「白鳥」も、ムズカシイ。譜面を見ると易しそうなのにwobbly。音符は少ないけれど、その少ない音符を如何に正しく丁寧に吹くかが決め手みたいです。吹き始めの音を滑り出すようにそぉ~っと発音したり、音程が上下にぶれたりしないよう気を配り、音の終わりもすぅ~っと薄らぐように処理したり・・・主に息のコントロールですが、気を使う事がいっぱいです。先生曰く、私も中級の域に達したのだそうです(えぇ~、ホントですかぁ~??)。そして、中級の「課題」というのは、そういうものなのだそうです。今までのように「音が出ればいい。」、「譜面の音の通りに指を動かしていればいい。」というのは卒業みたいです。

 「音を出せるようになりたい」、「簡単な曲を吹いてみたい」くらいの気持ちではじめたフルートが、ここまで来たことは感慨深いのですが、最初の気持ちから随分と発展してしまっているのには戸惑いもあります。でも、ちょっと出来るようになると、更にもうちょっと出来るようになりたいと、誰でも欲が出てくるものでしょうし、簡単な曲がちょっと吹けても、そこで終わってはそれまで。楽しみで吹くにしても、そこそこ習得しておかなくちゃ楽しめないよ!!と、揺らぐ自分の気持ちに渇を入れてみようと思います。今までもその時は大きな壁に思えた事も、なんとか乗り越えてここまでくることが出来ました。そんな経験がぽんと背中を押してくれるかな?なんて思ったりしています。

|

« 替え指 | トップページ | まだまだ続きます »

フルート」カテゴリの記事

コメント

規則動詞や不規則動詞の活用どころか、今私が取り組んでるスペイン語には人称によって動詞が変化したり、名詞や形容詞にまで性別があったりえらいことです。あと2ヶ月ほどで出発ですが、得意のぶっつけ本番です。
本当は持っていくフルートの方を一生懸命練習しなければいけないのですが、行き詰ってたサックスの方のレッスンを受けてビブラートもかなり大げさにやるように練習し始めたら、面白いことにフルートの方の息の出し方や音色がかなり改善されました。さらに驚いたことには、歌までうまくなってきました。サックスの方は今は何を吹いてもコブシグルングルンの演歌に聞こえます。(笑)
私もコンドルが飛んでいくがふけるようになればいいやと思って始めたフルートですが、どんどん深みにはまってます。

投稿: 団 | 2008/05/10 07:51

ソ♯ファソラ ソ♯ファソラ~♪ ミレミ♯ファ ミレミ♯ファ~♪・・・まさしく忍耐との闘いですよねぇ(涙)
piccoloは挫折しましたが、はるなさんは頑張って乗り切ってくださいね!

ピアノの練習と同じで指の絡まるパッセージの練習にはリズムパターンやアーティキュレーションを変えてより難しいニュアンスで少しずつ練習していくと効果的みたいですよ?

①16分音符の連続を付点16分音符と32分音符に変更して演奏可能なテンポまで落として練習し・・・吹けるようになったら逆に②32分音符と付点16分音符の組み合わせにして練習し・・・出来たらメトロノームのテンポを少し上げ、繰り返し①のパターンで練習し・・・

同じようにリズムは楽譜通りでアーティキュレーションを①スラー&スタッカートで練習し・・・出来たら逆にして②スタッカート&スラーで練習し・・・

いずれも指の動きが結構不均等になるのでメトロノームに合わせるのが大切みたいですよ?(私だけかもしれませんが・・・)

どっちにしても忍耐ですなぁ(号泣)

がんばって!応援してます!!

投稿: piccolo | 2008/05/11 14:46

あ、ついに替え指ですね。
これができるようになるとグーンとレパートリーが増えそうな感じです。
私も一時期先生に習いましたが
基本の指とゴッチャになって大変でした。
はるなさんはそうならないように頑張ってくださいね!!
白鳥、だ~い好きな曲です♪

投稿: なおみん | 2008/05/11 21:46

頑張ってますね!
替え指、私も今アルペジオで1つ(ここは替え指の方が…)と思う箇所があって、
楽譜に書き込んで練習中。
その小節だけ切り取って練習しているのですが、なかなか身に付かないです(^^;

もう中級レベルなのですね~。
習い始めた時はとりあえず2年。と考えていたけど、1年が過ぎて「まだまだだな」と思う。
上を見たらキリがないけど、行けるところまで行きたいなぁ・・・と最近思う私です。
自分で好きな曲を、思うように吹けるようになるまで頑張りたいです。
これからも地道にコツコツ・・・頑張りましょうね♪

投稿: くろねこ | 2008/05/12 15:14

☆コメントありがとうございます☆

♪団さん♪
スペインに行かれるのですか?文法がややこしいようですが、頑張ってください。フルートもサックスも、同じ息を使う管楽器なので、息のコントロールが改善すると、双方共に良い結果がもたらされるのですね。歌が上手くなるって言うのもわかるような気がします。私もフルートを吹いた後は声の音域が広くなったように感じます。グルグルこぶしのサックスって・・・凄そうですねぇ~。聴いてみたいですhappy01


♪Piccoloさん♪
「忍耐」・・・ですよねぇ~crying
今日は早速頂いたアドバイスどおり、実践してみました。
32分・16分音符の組み合わせにすると、とたんにズッコケsweat01ますが、
それでも、少しずつテンポが上がってきて、なんとか♩=100で出来るようになりましたgood。調子に乗って120まで上げたら・・・玉砕でした。
この「20」の壁がなかなか厳しいです。メトロノームと仲良くしながら頑張ります。アドバイスと応援、ありがとうございます!!


♪なおみんさん♪
今のところ練習曲にはあまり出てこないのですが、替え指と正規の指が入り混じった曲なんかに出会ったら、上手く使い分けられるかなぁ?という不安があります。なんて、今はそんな心配より、練習曲を何とかするのが先決ですcoldsweats01。頑張りますね!


♪くろねこさん♪
アルペジオの練習、これもやはり根気の要る地道な練習が要ですよね。趣味とはいえ、好きでやり始めた事だから、出来るだけのことはして、自分のレベルを上げて行きたいですよね。コツコツ、一つずつ着実に・・・お互い頑張りましょう!!

投稿: はるな | 2008/05/12 21:24

わ~!もう18課なのですね。
換え指、私も習ったけど・・・忘れちゃった。
使わないとすぐに忘れますぅ。

投稿: タリア | 2008/05/13 14:06

♪タリアさん♪

もう18課・・・何となく進んでいますが、腕前の方はそれに
伴っているのかなぁ?ちょっぴり不安です。
替え指は今、必死にやっても、あまり使わないと
忘れそうですよね~。実は替え指を使わないと追いつかない、
速いパッセージの出てくる曲は、今後も吹きたくないなぁ~
というのが本音だったりしますcoldsweats01

投稿: はるな | 2008/05/15 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 替え指 | トップページ | まだまだ続きます »