« 卒業→定演→春休み→新生活スタート | トップページ | ヴィブラートを感じられない人 »

もやもや

 吹くのが恥ずかしかったcoldsweats0117課の1番、前回のレッスンで合格しました。もう、これでこの曲を吹かなくても良いかと思うとウレシイ・・・筈なのですが、終わったら終わったでちょっぴり寂しくなったりします。いえ、別に「吹いているうちにあの曲が好きになってきた」ってことではないんですがね。あれでも(なんかとっても失礼な言い方かも・・・)、先生と合わせて吹くとそこそこカッコイイなぁ~と思いました。

 そんなわけで今日のレッスンでは「ムード歌謡」「ボレロ」をしました。先生と一緒に吹くとそれほどではないのでしょうが、まだまだそんな段階ではないので、1人で吹いていると、やはり、そこはかとなくムーディーな香りが・・・。

 これはリズムが難しいです。苦手です、シンコペーション。そんな調子なので、拍の取りかたがどうしても自信なさげです。休符の後の入り方も、どこかオドオドした感じが抜けません。「おっかなビックリ」吹いているといったところでしょうか。今の私の状態で、先生のパートと合わせると、更にこんがらがってきてしまうそうなので、もっと確実に吹ける様に、再度練習しておく事と、宿題になりました。

 で、そのシンコペーション、なかなか理解ができないのです。伸ばし過ぎたり、足りなかったり。うまくリズムに乗れません。ちゃんとリズムを感じる事が出来ません。なんだか割り切れないような、スッキリしない感覚にいつも付きまとわれます。何がどう分らないのか客観的に分析できないので、具体的に説明する事も出来ません。だから先生にも訊くことが出来ません。こうして書いていても段々訳が解らなくなってきてしまいましたcoldsweats01。簡潔に言えば単に「リズム音痴」なんでしょうね~。

 曲は前回同様「シチリアーノ」。出来ていますが、もう少し表情豊かにしましょうということで、再度宿題になっていました。ビブラートも少しずつ出来るようになりましょう。と言うことになりました。おお、いよいよ私もビブラートかぁ~。これが出来れば、とりあえずそれっぽく聴こえるようになるわぁ~heart02と、喜んでいると、方法としてのビブラートにやり方と言うはあるにはあるけれど、テクニックに頼ったワザとらしいビブラートではなく、音楽を感じ、湧き上がって来る感情から、自然にビブラートが起こるようになってほしいとおっしゃいました。内心、手っ取り早くテクニックを習い、どんな音も思いのままにウネウネさせてみたい!と目論んでいましたが、打ち砕かれましたcoldsweats01

 先生のおっしゃる事もごもっともと思いますが、ビブラートのやり方の右も左も分らない私はちょっと困ってしまいました。すると、「コツはあるんですがね。」と先生。ちょっと、それを先に言って下さいよ~!!で、コツとは「のどを開く。のどに力を入れない。」だそうです。またまた「ちくわ」です。「管(くだ)」です。まずは楽器なしで、のどを開いて「あ~、あ~」と声を出しながら、声にビブラートをかけていきます。その感覚で吹くんだそうです。が、これが思うようになりません。「声」だけでもこれでは、楽器を吹きながら本当にビブラートがかかる日が来るのか?と不安になってきました。ですが、一日一回は「あ~、あ~」と声を出す毎日です。今日は、柔らかい、良い音になってきましたねと言われたのですが、効果があったのかな??

 ところで、先日のニセコの写真をアップロードしました。マイフォトの「2008.4ニセコ&札幌の旅」でご覧になれます。よろしければどうぞご覧下さい。

|

« 卒業→定演→春休み→新生活スタート | トップページ | ヴィブラートを感じられない人 »

フルート」カテゴリの記事

コメント

早速写真も見せていただきました~。
羊諦山がキレイね~!!fuji
ゲレンデもすっごく気持ち良さそうだわ~。

アルテもどんどん進みますね。
私は20課でストップよ~ん。
お先にどうぞ・・・。^^)/

投稿: タリア | 2008/04/17 23:12

フルートってきちんとした音を出すだけでも大変そうなのに、あの複雑な口の形でビブラートなんて・・・ううっ考えただけでこんがらかりそうですねcoldsweats02
フルートを持たずに「あ~~~」とやっているぱるなさんの顔を想像したら、ご本人は真剣なのに、なんとなく笑いそうになってしまいました。そんでもって、フルートって絶対笑いそうになったら吹けない楽器ですよねhappy01弦もビブラート自然にかけるのは難しいです。もう昔の話になってしまいましたが、バイオリンを習っていた頃、先生がコツを教えて下さいましたが、指がちぎれそうでした・・・

投稿: かすみん | 2008/04/17 23:25

ビブラート、難しいですよね~。
私の先生は「テクニックから入る」タイプ(?)なので、教えてくれるのは早かったです。
でも、全然出来るようにならないんですけど(^^;
最初はゆっくり強弱をつけて繰り返し、次第に早くしていくと良いみたいですよ。
がんばってくださいね♪

投稿: くろねこ | 2008/04/18 10:11

☆コメントありがとうございます☆

♪タリアさん♪
お天気がいいと羊蹄山が目の前にどど~んと現れて、吸い込まれそうです。山に向かって滑っているって感覚がとても気持ち良かったです。

アルテ、「お先にどうぞ。」だなんて、とんでもないですよ~coldsweats01。とりあえずボチボチと進行はしているものの、2巻に入ってからは進みが遅くなりました。「これからが本題よ!」とばかりに、じっくり仕込んでいただけそうです。


♪かすみんさん♪
一体どんな顔の私を想像しているのでしょうか??なんだかとっても気になります~。弦楽器でもビブラートは難しいんですね。スイッチ一つで自在にビブラートをかけられるエレクトーンとかの電子楽器は楽でいいなぁ~・・・なんて言ったら先生に怒られるだろうなぁ。


♪くろねこさん♪
そう言えばくろねこさんは結構前に習い始めたのですよね。やっぱり難しいんだぁ・・・。お互い、頑張りましょうね!!「感情」でも「テクニック」でも何でもいいから、早くそれっぽく出来るといいなぁ~と切に願う今日この頃です。

投稿: はるな | 2008/04/19 11:21

旅のご様子、拝見しました。
素敵なところに滞在されたのですね!piccoloは旅先ではホテルや旅館しか利用したことがありませんが、家族連れならこんな雰囲気のほうが落ち着くかもしれませんね!?
シンコペーション・・・piccoloも中学生の頃に上手くリズムが取れなくて苦労した思い出があります。
歩く道すがらよくシンコペーションのリズムを口ずさんだものです(涙)
今でも取りにくいリズムは楽譜を広げながら片手で指揮者のまねごとをしながら読んでいます。(もう片手には缶ビールですが・・・)

バッハのシチリアーノ・・・piccoloも来月この楽章の含まれるEs-durのソナタをチェンバロ伴奏で演奏させていただくので、これから練習をはじめるところです!
すっごく楽しみです!

お互いにがんばりましょうね!

それからお弁当作りも・・・・(piccoloも自作しております)

投稿: piccolo | 2008/04/21 06:43

こんにちは~。
リズム難しそうですねぇ。。
0.0何泊とか細かくなるともうメトロノームでも歌えなくて、
訳が分からなくなります。。
ビブラート練習にも入ったのですね。表情付けて曲がもっと素敵になりそう。
昨日ブログを引っ越しました~。新しいURLをお知らせしますね。
これからも宜しくお願いしま~す♪

投稿: Alice | 2008/04/21 11:35

☆コメントありがとうございます☆

♪piccoloさん♪
私は朝が超弱いので、起きたままのスタイルで朝食が取れるということでは、家にいるみたいで気楽です。

シンコペーションは、私も口ずさんで記憶に焼き付けようと必死ですが、楽器を手にすると、どう言う訳かどこかにすっ飛んでしまっています。

「シチリアーノ」が入っているソナタ、演奏されるのですね。出来る事なら、piccoloさんの演奏、一度聴いてみたいものです。演奏会の成功をお祈りしています。


♪Aliceさん♪
>0.0何泊とか細かくなるともうメトロノームでも歌えなくて

わかる、わかるぅ~coldsweats01。オマケに私のメトロノームは小節毎に「ち~ん」と鳴らないタイプなので、さらに混乱します。片付く前にどんどん新しい課題が増えてきてしまいますが、一つ一つ着実にクリアした先には美しい音色が・・・と信じ、頑張ります。

投稿: はるな | 2008/04/22 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卒業→定演→春休み→新生活スタート | トップページ | ヴィブラートを感じられない人 »