« こりゃやばい | トップページ | 卒業に向けて »

リングキーと指先のお手入れ

 私のフルート生活も、今月の2日で丸2年。今年は「フルート3年生」です。

 3年生といえば、子どもが小学3年になって最初の保護者会で渡された資料に「3年生はギャング・エイジ」などと書いてあったものがありました。なにやら物騒な見出し書きにドキッとしたものです。「フルート3年生」の私には小学3年生のギャング・エイジの特徴と重なる部分があるのかなぁ?この年頃は思春期の入口で、大人に逆らいながら、自己を確立していく大事な時期・・・私は先生や教則本に逆らったりはしませんが^^;、今まで少しずつ築いてきたものをじっくり積み重ねて自分のスタイルを形成していく途上・・・という意味では似ていなくもないように思います。「低学年」から「中学年」になったばかりの3年生。小学校の算数なども3~4年生の頃につまずくと、後々中学・高校で泣きを見ることを、身をもって知っている私ですcoldsweats01。シッカリやっておかないとねsign01

 さて、新しい楽器を手に入れてからもうすぐひと月。もう、すっかり慣れました・・・とはなかなか行きません。楽器のクセみたいなものも、どこまでわかったのかも、わかりません。ただ、言えることは吹いていて楽しい。何度も書いたかもしれませんが、たまに響く音色に本当に癒されてます。音が出なくてド~ンと落ち込んでも、時々かわいい妖精がやって来て、明るくキラキラとした声で歌ってくれる・・・そして、すぐまたどこかに行ってしまい、もう一度会いたいくて頑張る・・・の繰り返しです。

 楽器が新しくなってから、練習以外にも気を使い始めた事があります。それは指先のお手入れ。この時期、皮膚の乾燥がとても気になります。そこで思ったのが、指先がカサカサとしていては、ピッタリとリングの穴を塞げないんじゃないかな?ってことです。穴が塞がらないのは何も指の乾燥のせいではなく、あくまでも私のフォームのせいだと思いますが、乾燥した指先よりも、しっとりふっくらした指先の方が、指先がキーの上を滑らずに、吸い付くように穴に密着して、ピタっと塞がるような気がするのです。まぁ、「気がする」ってだけなんですがねcoldsweats01

 それから、前の記事に対しpiccoloさんよりいただいたコメントを読んでちょっと胸騒ぎがしました。piccoloさん曰く、「<前略>カヴァーと違って楽器の響きが指にダイレクトに伝わるような感じがしません?その感覚も大事にすると響き自体も少し変化が現れましたよ?<後略>」・・・響きが指にダイレクトに!おおぉ~、これはすごいぞ~!!一日も早く、響きを指にダイレクトに感じてみたいものです。私はまだまだ、音を指に感じる域まで達してませんが、その日に備え、スベスベの指先にしなくちゃとも、思っているわけです。なぜなら、カサカサの指先よりもしっとりふっくらの指先の方が、より敏感に感じ取れるのでは?という気がするからです。またまた「気がする」ってだけですcoldsweats01

 今までも普段からハンドクリームなどを使ってますが、肌荒れしやすいこの時期は、L'OCCITANEシア・バターをプラスしています。ベタ付くので夜、寝る前にしか出来ませんが、爪や指先にシア・バターをたっぷり、丹念に塗りこみ、反対の手の指先で、円を描くようにマッサージ。血行促進とストレッチを兼ねて、グーrock・パーpaperを繰り返します。日中は適宜ハンドクリームで保湿して、「柔らかな指先」に近づきたいものです。

 が、半月ほど前、そのシア・バターを切らしてしまい、新しいのを買いに行くと、気になるハンドクリームを見つけてしまいました。「ハニーレモン ゴールデンハンドクリーム」と「ローズ ベルベット ハンドクリーム」です。どちらも香りがすてきlovely・・・でも2つは買えないなぁ~thinkと思っていると、およそ1本分のお値段で、小さなサイズ2種類のセットが期間限定でありましたheart

Hadcream

 というわけで、ただ今、日替わりで2種類の香りを楽しみながらお手入れをしています。まもなく「チェリー・ブロッサム」シリーズのハンドクリームも発売される模様。昨年買ったcherryblossomの香りのオードトワレは大のお気に入り。それと同じ香りのハンドクリームも楽しみ~heart04って、指のお手入れもいいけれど、練習もしなくちゃねbleah

|

« こりゃやばい | トップページ | 卒業に向けて »

フルート」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
3年生がギャングエイジ…10数年前の教育実習で担当したのが3年生…5週間毎日が「うそだろ」状態だったのを今もしっかり覚えています。でも他の学年を持つより楽しかったかもしれませんが。

リングキーの楽器って、音がきれいに出ているときはキーを押さえる指先にも確かに楽器の響きが届くんですよ。ただ音が出ているというだけではない感覚…実は私はたまにしかこれがないんですが…。

がさがさの唇でフルートを吹くと先生いわく音が荒れるそうです。おそらく指先も荒れていたらあまりよろしくはないと私も思います。アレルギーと家事の影響に、気にして自分で触ってしまうので皸がすごい私の指ですが、はるなさんの記事を読んで少しずつお手入れしようと反省しました。

投稿: タピアン | 2008/02/12 20:10

楽器の中を通る音の振動・・・って、
ちゃんと鳴っているときはカバードでも充分感じられますよね。
それが指先にダイレクトに・・・?♪
私も早く感じてみたぁい!!
食器洗いも機械にお任せの不真面目主婦ですが、
それでも、この時期は手荒れがひどいです。
特に指先!油断していると足のカカトのように割れてきます。
香りの良いハンドクリームは、アロマ効果なのか、
つけることで気持ちも落ち着いたりしますね。
夜寝る前はメンタム系の臭いのキツイのを使っています。
眠気も吹き飛ぶ強烈な臭いですが、確かな効き目なので(^^;
この時期リップクリームとハンドクリームは必需品ですね♪

投稿: ふうか | 2008/02/13 10:12

>ギャングエイジ
をすぎると、一段と成長するそうよ。
フイフゥも春からギャングエイジよ~。
恐ろしいわぁ・・・。
>ハンドクリーム
絵の具のようで、とっても可愛いパッケージですね♪

投稿: タリア | 2008/02/13 15:06

「そして、すぐまたどこかに行ってしまい、もう一度会いたいくて・・・」
な、何かに似ている・・・と思ったら、まるでこれは恋と同じですね。
(恋、と正しく変換されるまでに濃い・鯉・故意が先に出てくるパソコンの変換学習機能って)
切ないですね。でもちょっとうらやましい、そのくらいフルートに夢中ってことですよね。

ロクシタン、私も大好きです。
やっと今シーズン福岡にもお店ができていろいろ匂って選べるようになりました。はちみつのような甘い香りのリップクリームも使い心地がいいですよ。

投稿: しおこ | 2008/02/13 18:05

♪タピアンさん♪
教育実習で3年生とは、それまた大変でしたね~。
いろいろな意味で思い出に残った事でしょう。

唇の荒れのことはよく聞きますよね。
もっとも、荒れた唇では音以前に、吹くこと自体がつらそう。
この時期、練習と共に、念入りなスキンケアも大切ですね。


♪ふうかさん♪
カバードのときには感じられたビリビリ感が、リングになって
から今はまだ・・・ううっsad

香りの効果って侮れませんよね。良い香りには心も落ち着くし、
それに、なんだか手がきれいなったような錯覚もcoldsweats01
もたらせてくれます。眠気も吹き飛ぶ強烈な臭いで思い出しましたが、
受験生時代の私はメンタムを目の周りに塗って睡魔と闘っておりました~。


♪タリアさん♪
この年頃は子って、気の合う者同士で徒党を組んで、いろいろと
やってくれちゃいますよね~。これも成長過程で大切な時期なのでしょうが。
この時期を経て成長が・・・私のフルートもそうなってくれるといいなぁ~note


♪しおこさん♪
「恋」ですか・・・そうですね。似てますよね。しかもそれは片思いheart03の恋です。
早く相思相愛になりたいものです。

ところで「恋」、一発変換できませんでした?そんな私のPCも最初は「濃い」
と出ちゃいましたがcoldsweats01。まぁ中身の濃い人生を送ってるって事にしておきましょう。

ロクシタンは香りが自然でいいですよね。デビューは、アイロン前にシュッと
スプレーすると洗濯物が心地良い香りに仕上がる「リネンウォーター」でした。
最近見かけないので寂しいです。ハチミツのリップも今度試してみよっと!

投稿: はるな | 2008/02/14 09:22

私も去年辺りからとても指の事が気になる様になりました。レッスンでも先生と私の指を比べてみたり。綺麗な指先でうっすら桜色のマニキュアに憧れます。
指と唇のケアもっとしっかりしないとなぁ。
私はお休み前無臭タイプのハンドクリーム+手袋を使ってるのですが
ロクシタン良さそう~。ちょっと探して見てこようと思います。
香りは本当精神安定剤にもなる様で落ち着くしHappyな気分にしてくれますよね。

私はまだカバードですがきちんと鳴ってたら音の振動を感じれるの?
少しは感じるけどまだ感動する程ではないかも。お互いに頑張りましょうね♪

投稿: Alice | 2008/02/19 09:51

♪Aliceさん♪
手や指って、気にし出すととても気になりますよね。うっすら桜色のマニキュアってすてきですよね~。主張し過ぎないのに、指先がとても引き立ちますね。お顔のメイクはいくらバッチリしてても、鏡を見なければ自分で見ることは出来ませんが、指先のオシャレはいつでも自分の目で見ることが出来ますものね。春らしいステキなネイルが映える指先に慣れるように、今からのお手入れが大事ですね。

音の振動、私もある日突然感じたんです。リングではまだなんですが、指先が触覚にでもなったような気持ちで、音の響きをつかみたいです。

投稿: はるな | 2008/02/19 21:15

あくまで「そんな雰囲気がしません?」って感じなので実際にどうなのかはpiccoloもよくわかりません。(ゴメンナサイ)
でも音楽をする上ではそういう「雰囲気」や「感じ」「イメージ」ってすごく大切だと思うのですよねぇ・・・
曲のイメージ・・・見えない息のイメージ・・・演奏してるときの身体の中や口の中のイメージ・・・
piccoloも年とともに貧相になっていくイメージをはるなさんブログからも吸収しながらがんばりますね!

投稿: piccolo | 2008/02/25 12:44

♪piccoloさん♪
いえいえ、piccoloさんが伝えてくださろうとしていること、よ~くわかりますよ。音楽というと目で見て形を確かめ、手で触れて感触が得られるものではないですよね。そこからイメージをつかむには「雰囲気」や「感じ」を通して、ピンと来たものを自分の中に落とし込んでいくという作業の繰り返しかな?と、短いながらも今までの経験を通して感じています。

そんな中で、いろいろな方が感じられた事を自分も実践する事で、自分1人でやっていては得られなかったことや、意外な発見があったりで、とてもスバラシイなと思います。感じ方やイメージは人により千差万別ですからね~。

私もいろいろ試しながら頑張ります。

投稿: はるな | 2008/02/26 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こりゃやばい | トップページ | 卒業に向けて »