« 気もそぞろです | トップページ | こりゃやばい »

My brand new day

 気持ちも落ち着き、今週に入ってフルート、再開しました。また、のびのびとフルートを楽しめる日が戻ってきて、ウキウキしています。

 新しいフルートにはまだまだ充分馴染めてはいませんが、これを手に、譜面に向かうたびに新鮮な気持ちになります。レッスンを始めたばかりの頃のようなワクワク感が思い出されます。

 今日は、新しいフルートでの初めてのレッスン。先生に新しい楽器の感想を尋ねられ、悪戦苦闘してますが、楽しいです。高音が気持ちいいです。反面、低音が上手くいかず、ヘコミます・・・と答えた私。現在「ソノリテ」で低音の練習をしていますが、これが出来たり、出来なかったりなのです。すると、大きな音を出す必要はないから、唇と指にあまり力を入れないようにやりましょうと言われ、やってみると・・・まぁなんとか音になってるかな?こんな感じで、徐々に新しい楽器に慣れていければいいです。

 アルテ2巻。16課から始まります。「15課」で終わった1巻から、そのまま続いているのですね。その16課の1。メゾスタッカートの練習です。スラーの中にスタッカートの記号がついている事で、通常のスタッカートよりソフトにタンギングしますが、その違いを上手く吹き分けられません。音をピッと短く切らず、やや長めに、やや余韻を残して・・・といろいろ意識してみますが、曲中では殆ど区別が付かない状態に。いろいろ考えながらやると、手のフォームが狂って、ヘンな音になるし・・・でも、もう、焦ったりムキになったりしないようにすることにしました。頑張り過ぎて、急に上手くなったら、老後の楽しみが減るから^^;。

 また、最初の音が上手く出せなかったことを受けて、音を捕まえる練習をするようにと言われました。最初の音をタンギングせず、フーっと息を吹き込むだけでキレイな音が出るポイントを見つけるのです。言われたとおりにやりながら、以前にも同じことを言われたことを思い出しました。しばらく忘れてましたが、このフルートと早く仲良くなるためにも、実践していきたいです。

 曲は「金婚式」。あまり難しい曲ではありませんが、演奏しているうちにピッチが下がっていってしまうのです。一人で吹いていても、うすうす感じてましたが、先生のピアノと合わせると、その下がり具合がはっきりわかります。反復記号が多く、私がこれまで習ってきた曲の中ではかなり長い部類に入ります。曲が長いせいか、吹いているうちに、楽器が内側へ向いていってしまっているようです。ここも改善していかなくては!

 と、ここまで振り返ってみると、全然良いとこなかった今日の私ですが^^;・・・2週間でここまで音が出せたら良い方ですよと言われた。え、え、ホントなの?そのお言葉、信じちゃっていいんですか~!?実は、前の楽器で吹いていたように、音がちゃんと出せず、ちょっと落ち込んでいたので、これはうれしい一言でした。

 私の新しいパートナーとの旅も始まったばかり。お互いまだよく知らない同士のコンビで、毎日、毎日いろいろな「初めて」と出会いながら、しっかりとした足取りで、歩んで行きたいです。

|

« 気もそぞろです | トップページ | こりゃやばい »

フルート」カテゴリの記事

コメント

私のフルート入院しました。息子のクラリネットをとりに行くついでに持っていってみてもらったら、やっぱり漏れてるところがありました。タンポの交換とかはしなくていいみたいですが、2,3週間かかるらしいです。全部バラバラにしてクリーニングして調整してくれて7500円というのは高いのか安いのかわかりませんが。でもうでは確かな人のので私のフルートが生まれ変わって帰ってくるのが待ち遠しいです。それまではサックスで我慢しときます。
日本と違っていろいろなフルートを吹き比べられる機会がないのが大変残念です。まあでもそうするといくらお金があっても足りなんくなりそうですけど。

投稿: Dan | 2008/01/31 20:21

銀のフルート・・・今まで使っていたフルートより難しいはずなのに、
先生に褒められたなんて、スゴイです!
きっとはるなさんと相性の良い楽器なのでしょうね~。
新たなる旅の始まりですね(^^)
これからも楽しく頑張って下さいね☆

投稿: ふうか | 2008/02/01 06:51

☆コメントありがとうございます☆

♪Danさん♪
フルート退院までは、サックスで演奏が楽しめますね。
7500円が高いか安いか。相場は良くわかりませんが、
私の楽器を調整に出した時、タンポ交換なしで1万円
だったので、それを思うと、バラして掃除までしてくれて
このお値段は安いのかもしれませんね。
愛器の無事退院を祈っています(^^)


♪ふうかさん♪
ほめられたと言っても、「2週間のわりには・・・」という
レベルなので、この楽器の本当の音色、美しい音色に
はまだまだ程遠いんでしょうね~。これが「2ヶ月経った
のに」とか「2年経ったのにまだこんな音?」と言われな
いように頑張ります!

投稿: はるな | 2008/02/02 11:05

新しいパートナー・・・あせらずじっくり付き合ってくださいね!

リングを使いはじめるとどうしても最初のうちは隙間が出来てしまうので思わず指に力を込めて力技で隙間を埋めようとしません?(piccoloはそうでした・・・)
指のお腹にいつもキーの穴がフィットしているような感覚を大事にすると上手くいくかも?です。
それにカヴァーと違って楽器の響きが指にダイレクトに伝わるような感じがしません?
その感覚も大事にすると響き自体も少し変化が現れましたよ?(これも私の場合で恐縮ですが・・・)

がんばってくださいね!

投稿: piccolo | 2008/02/03 19:55

piccoloさん、コメントありがとうございます♪

「力技」は・・・カバードの時からの私の得意技でございまして^^;。

「力技」に加え、リングに変わってから気付いたのは、穴が完全に塞がるポイントを
探りながら無意識のうちに指先を細かく左右に動かしているんですよ~。
一日も早く、一発でバシッと正しく塞げるようになりたいものです。

それから、指先に響きをダイレクトに感じられるようにもなりたいですね~。
これってリングキーの醍醐味じゃないですか?まだまだそんな域に達していないので、頑張っていきたいと思います。

いつもためになるアドバイスをありがとうございます。
またよろしくお願いいたしますねm(__)m。

投稿: はるな | 2008/02/04 11:10

素敵!「銀の笛」なのね。
はるなさんのイメージにとっても合ってるかも~。
リングキーってむずかしそうだけど、少しづつ仲良しになってくださいね。
なんだか、私までワクワクしてきました♪

投稿: タリア | 2008/02/04 12:22

タリアさん、コメントありがとうございます♪

イメージに合ってますか?だったらうれしいです。
「猫に小判」、「豚に真珠」にならないように、
頑張りますね。

投稿: はるな | 2008/02/06 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気もそぞろです | トップページ | こりゃやばい »