« 呼び名 | トップページ | テレビの最期 »

母娘アンサンブル

 最近、長女にピアノ伴奏をしてもらい、フルートを楽しむ機会が増えた。娘の演奏を聴くのも楽しみだけど、こうして一緒に音楽を楽しめる日が来るとは・・・すごくウレシイ。

 今までは、毎日遅くまで部活。帰宅後は勉強。そんな中で、ピアノを弾くのも自分の練習でいっぱいいっぱい。私のフルートに付き合う余裕はナシ。今年は中学生最後の夏の吹奏楽コンクール出場、某イベント(吹奏楽絡みです)への出演、秋のピアノ発表会と続き、その合間(?)に受験勉強。一体何が彼女の本業なのか?と思うくらい忙しそうだった。

 部活の一時引退後は受験勉強に励みつつ、発表会に向けて、ピアノの猛練習。我が家には連日、勇ましい「軍隊ポロネーズ」が響き渡っていた。ピアノも、壁も、床も、もう家全部が壊れるんじゃないかと思うほどガンガン弾いている。発表会前の一ヶ月間、正直言って、うるさかった~^^;。

 その発表会も終わり、ピアノのレッスンも一時お休みにすることに。受験生の身でありながら、11月になってやっと勉強に専念できることになった。それでもピアノはやめられないのか、時々弾いている。娘曰く、「息抜き」だとか。まぁ、一日30分くらいなら大目に見ましょう。

 時間に追われて練習していた時とは違い、今は楽しそうにピアノを弾いている。何かとナーバスになりがちなこの時期、ほんのいっときピアノに触れることで、精神的なバランスをとっているみたい。心なしか演奏にも穏やかさが感じられる。そんな今ならOKしてくれるかも・・・と私の伴奏を頼んでみると、スンナリOKしてくれた。前は伴奏を頼んでも、「初見じゃ出来ないよっ!練習する時間もないよっ!!」とむげに断られ続けてきたのだけど・・・。この前、初見じゃ無理だって言った曲なのに(-_-;)、OKだった。なんだ、やれば出来るんじゃない^^;。

 こうして一緒にやっているうちに、習っている曲以外にも、もっといろんな曲をやってみたいという欲望がムクムクと。ほんの「息抜き」のはずの娘もノリ気に。そんな中で、見つけ出したのがこの曲集。

            Avemaria

 フルートを習い始めて間もない頃に、つまり、まだ頭部管のみでピーピーやっていた頃に、何を思ったのか^^;、買ってしまった曲集。当然、吹ける曲なんて一曲もあるわけもなく、そのままになっていた。去年はここから「ジュピター」に挑戦するものの、それ以外は手付かずのまま、再び放置。それがここにきて再び陽の目を見ることに。で、何をやってみようかなぁ~と目次を見ていると・・・あの曲が!!この前、「いつかやってみたいなぁ~」と言っていた「タイスの瞑想曲」があった。

 早速吹いてみたら・・・やっぱりまだまだ「タイスの迷走」。「迷走」のまま、何とか無理矢理娘の伴奏と合わせて「妄想」(「暴走」?)を繰り広げる今日この頃。まだまだ道のりは長そう。でも、なんだか楽しい♪

 そして、長女と私は「この曲を次女の結婚披露宴で2人で演奏しよう!」と誓った。現在小学生の次女が結婚するのなんて、一体何年先か想像もつかない。もしかしたら、「その日」は来ないかもしれない^^;。でも、「練習期間」は充分だから、絶対に何とかなるはずだよね~、と2人でゲラゲラ笑っていた。^^;。

 と、親ならばここで、そんな馬鹿げた事を言ってないで、子どもに勉強させなくちゃいけないのですよね~^^;。今日は、娘に伴奏を頼まないようにしなくちゃ。

|

« 呼び名 | トップページ | テレビの最期 »

フルート」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

素敵だわ。
ママのフルートをお嬢さんが伴奏するなんて。
なにかサウンドオブミュージックのような香りがします。
いまから結婚式まで練習できるのなら、どんな超絶技巧曲でもOKですね。

しかしお嬢、軍隊ポロネーズとは、なかなかナイスなセレクトですね。

投稿: しおこ | 2007/11/28 13:56

いいなぁ。すてきすてき~☆
そうか、受験生って何かと忙しいんですね。
でもこれからはママと一緒に息抜きが楽しめますね♪

タイスの瞑想曲…美しい曲ですよね~。
私もいつか挑戦してみたい1曲です(^^)
の~んびり練習して、結婚式には是非!
将来が楽しみですね。

投稿: ふうか | 2007/11/28 17:21

素敵素敵~☆
娘さんならではの良い話ですねー。
私も息子とアンサンブルしたら感動して
泣いちゃうかも!!
お嬢さんの充実した毎日がさらに潤ってきますね。
受験も頑張ってくださいねー♪

投稿: ナオミン | 2007/11/28 21:27

音楽で息抜きして勉強もまた頑張れるのでは。
結婚披露宴でタイスの瞑想曲素敵ですね♪
充分な練習期間があるからもっと難しい曲も演奏出来るかもしれませんね。
家族でアンサンブルって憧れます☆

投稿: Alice | 2007/11/29 00:23

☆コメントありがとうございます☆

♪しおこさん♪
ええ、我が家はご近所でも評判の、”和製トラップファミリー”と呼ばれ…なぁ~んてことはありませんが、音楽はみんな大好きです。超絶技巧曲…ははは~。腕ばかり上がって、いつまでも嫁に行か(け)ないという事態も考えられます^^;。

「軍隊ポロネーズ」、おっとりした長女のイメージと違うなぁと思ってましたが、ステージでは楽しそうに、はじけておりました。


♪ふうかさん♪
私も娘の息抜きに一役買えてるかな?とちょっとうれしいです。でも、あまり楽しすぎて、「息抜きにお勉強」ってことにならないようにしなくては。

「タイスの瞑想曲」、娘の将来のためにコツコツ練習…本当にそんな日が来るのか、今の娘たちを見ているとまったくイメージ湧きません^^;。


♪ナオミンさん♪
娘への応援、ありがとうございます。昨日、英検の合格通知を受け取り、ちょっと気が緩んだのか、今朝は寝坊で遅刻でした~(-_-;)。

家族だと、気軽に一緒に演奏を楽しめるのがいいです。ナオミンさんのお子さんにもぜひ何か楽器を!楽しいですよ~(^^)。


♪Aliceさん♪
ここに来て根をつめて(焦って!?)勉強しているので、ピアノを弾くのは本当にいい気分転換になっているようですね。

家族でアンサンブル・・・目下「花嫁の父」(予定)の夫も仲間に入れるか、検討中です^^;。

投稿: はるな | 2007/11/29 17:22

オーストラリアの団です。覚えてらっしゃいますか?ご無沙汰してます。フルートの方は最近、高校でやってたという学生が来てて一緒に合奏してます。私はサックスに持ち替えたりして。今度クリスマスパーティーでクリスマスソングを吹くことになりました。私はフルートの方はまだまだなのでサックスで。
うちの子〔8歳〕が半年前ぐらいからクラリネットを始めて、一緒に練習したりしてます。しかし子供ってなんであんなにあっという間にうまくなるんでしょう。子供と私で毎日2時間は楽器吹いてるのでまじめに防音室作ろうかと思ってます。
またカキコミします。

投稿: Dan | 2007/11/29 18:52

団さん、コメントありがとうございます♪

お久しぶりです。ちゃんと覚えております(^^)。

クリスマスパーティーで演奏されるのですか。いいですネ~。
きっと盛り上がるでしょうね。

子どもの上達振りには本当に驚かされます。娘の所属する中学の吹奏楽部でも、中学生になって初めて管楽器に触れる子が殆どなのですが、入学後たった数ヶ月の練習で、夏にはコンクールに出場しているのですから、感心してしまいます。

防音室…狭い日本では憧れです^^;。

投稿: はるな | 2007/12/02 16:23

中学生で「軍隊ポロネーズ」!!
お姉ちゃん凄いんだね~!しかも、吹奏楽部でピアノも続けられるんだ・・・。
チェンシィも中学生になってもピアノ続けてくれるかなぁ~。
ちょっぴり希望が見えました。
私の妹も、受験前にはガンガン弾いてましたよ~。楽器ってとってもいい気分転換になるそうな。
ピアノって、一番スッキリ出来そうな楽器だよね。私のフルートだとどうかしら^^);
・・・やっぱ竹輪になり切らないと!!

投稿: タリア | 2007/12/03 00:15

素敵なお話ですねぇ・・・きっと実現させてくださいね!!
家族でアンサンブル出来るなんてこれ以上の幸せはないと心から思いますよ!
大学時代の後輩(女の子)が学生のころから「私の結婚式にはフルートを吹いてくださいね!?」と言うのが口癖で、数年前に実現することが出来ました。
妹は未だ独身なのですが、妹が結婚したときにはフルートを・・・・吹かず・・・ひとりで酒を飲みつつ「かぐや姫」の「妹」を泣きながら歌うことを十年以上前から決めているpiccoloでした。

投稿: piccolo | 2007/12/03 15:24

☆コメントありがとうございます☆

♪タリアさん♪
娘は小柄なわりに手が大きく、指も長くて…おかげで「軍隊ポロネーズ」は楽しく(あくまでも楽しくです^^;)弾いていました。チェンシィ君、中学生になってもピアノ、続けてくれるといいですネ。発表会には高校生くらいの男の子も出たけど、男の子らしい力強さがあって、聴き応えありましたよ。

確かに今の自分のフルート、私もスッキリというよりも不完全燃焼に終わりそうです^^;。


♪piccoloさん♪
披露宴などで、参列者が楽器演奏したら、とても盛り上がってステキですよね~。出来ることなら、自分の結婚式をやり直し、自らフルートを吹き、自ら盛り上げたいところですが…まぁ無理なので、「娘の時には是非!!」なんて思ってます。でも、どうなるかは…^^;。その時に夫も仲間に入れるかどうか迷ってましたが、花嫁のお兄さんが泣いてしまうのなら、花嫁の父は余興を行う状態ではなさそうなので、やっぱり仲間には入れないことにました^^;。

投稿: はるな | 2007/12/04 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呼び名 | トップページ | テレビの最期 »