« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

ちょっとピクニック

 今日は家で仕事をするという夫が、「昼はどこか外に食べに行こう!」と朝ご飯を食べながら^^;言っていた。う~ん、いいねぇ。久々の外食。どこがいいかなぁ~?なんて厚切りトーストを頬ばりながら考える私。朝食を食べながら昼のことを考える。まったくどっちもどっちの、この夫婦^^;。

 ふと、窓の外を見ると、秋らしい清々しい、いいお天気。決めた。今日は「本当の外食」、「アウトドアで食す」にしよう!!と思いつく。そう思ったとたん、「今日の昼は外で食べる」以外の選択肢が消えてなくなっている。何が何でも弁当持ちで外で食べないと、今日という日をハッピーに過ごせないような気がしてきた。

 お弁当と言っても、急な思いつきなので、ありあわせの材料で、何が作れるかしら?・・・としばし考え、シンプルに「おにぎり」にすることに。具は梅干、鮭、おかか、たらこ。「かもめ食堂」より一種類多い^^;4種。おにぎりには玉子焼きなんかも添えたいところだけど、「サチエさんのお父さん」のおにぎりに倣って、おかずはナシ。それに「玉子焼きだけでも・・・」なんて、一つ作り始めると、きっと、あれもこれもと作り始めて、バタバタして、結果、夫に「そんな大袈裟にするなよ!」と言われ、「何よ、いいじゃないのよ!!」言い返し、とケンカになって、きっと「外食」の計画がつぶれてしまうに違いない。それは避けたい。今日は何が何でも外で食べる日!と決めてしまったのだから。

 4種のおにぎりを2個ずつ作り、かごに詰めると、隙間が寂しい。そばにあったリンゴを入れてみる。まだ入る。にんじんときゅうりのスティックを入れた。飲み物はほうじ茶とコーヒーを用意する。食後のコーヒーは外せない。けど、これらを2種類一緒に入れるわけにはいかない。水筒が2本いる。それらを一つにまとめて紙袋に入れると・・・
          Rimg0001_2   

 結構な大荷物になってしまった~。仕事に一区切りついた夫が降りてきたところで、お昼ご飯の入った大きな袋を持って普段ジョギングしている公園へ向かう。

          Rimg0002_4 
                   秋の風情ですねぇ~

 適当な場所を見つけ、お弁当を広げる。秋の陽射しが気持ちいい。平日で人も少ないのもゴミゴミしてなくていい。 

           Rimg0004_2 
       「かもめ食堂」のノリで(?)、イッタラの”Origo”柄の紙ナプキンを敷いてみました。

 近所の公園でささやかで、ありふれた「おにぎり」を食す・・・、これもなかなか格別。たかがおにぎりでも、ありふれているところに良さがある。ありふれたもでもの、いつもと違う環境で食べれば「非日常」の中の「日常」を体感できる・・・「日常」の中の「非日常」を体感できる・・・あれ、どっちだろう??ま、どっちでもいいや。

 徒歩圏の超近場へ、お弁当を持ってちょっとピクニック・・・たまにはこういうのもいいなぁ~、なんかクセになりそうだなぁ~と思った秋の一日。

| | コメント (9)

フルート欠乏症

 芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、そして食欲の・・・^^;。暑くもなく、寒くもない秋という季節は、様々なことをするのにぴったりなのでしょう。そんな「秋」を気ままに楽しめたらいいのだけど、現実にはなかなか厳しい日々(T_T)。

 今月に入ってからというもの、なんだか慌しい。週末も慌しい。夕食時も全員揃わないことも増えた。こういう時って、家族間のコミュニケーションをしっかりとらないと、お互いギスギスしがち。だから、そうならないよう、気も遣う・・・ふぅ~。

 フルートの練習も、思うように時間が取れない。練習はもう「生活の一部」になっていたので、これは正直ツライ。アルテ1巻々末ガリボルディのエチュードはとりあえず全て終わったけれど、各調の練習がまだまだどっさり。そんな中で、H durが難航中。指使いにはやっと慣れたものの、一番高いHがキツくて~(>_<)。ちょっと言い訳をすると、この音の登場が久々なことと、ソノリテで低音の練習を集中的にしていたから、高い音の出し方をちょっと忘れかけていた模様。レッスンで少しずつカンを取り戻すも、忙しくて練習の間隔が空いてしまうと、また一からやり直しの毎日。さらに、併用している曲集”40 Little Pieces”が侮れなくなってきた~(涙)。今まで、ガリボルディばかり寵愛して^^;、「あまり好きじゃないから」と、テキトーにやってきた曲集から報復を受けている状態。

 No.34のJ.S.バッハの”Gavotte”。短い曲で、一見、どうって事なさそうと思っていたのが、いざやってみると、結構吹きにくかった(あ、もしかしたらこう思うのは私だけかも^^;)。それと、No.35のシューベルトの”Andantino”。吹いてみた感想は「何?この曲!?」に尽きる。ピアノの伴奏が入れば、そんなことはないらしいけれど、何と言うかつかみ所のない曲。こんな曲者たちに取り組むには、コンスタントな練習して、しっかり曲想を覚え、仕上げていきたいのに、それがおぼつかず、楽譜を開くたび、初見の様な^^;、新鮮な気持ちで(^^ゞ取り組むことに。

 なんだか忙しいとか、練習が上手くいかない泣き言ばかりの「お疲れモード」な今日この頃だけど、楽しみなこともちょっぴり。

 その1。元PTA役員の集い。来月、近くに出来たレストランにディナーに。主婦の身でありながら^^;、夜集まるというだけで、かなりワクワク度が高いけれど、一緒に役員をしてから5年が経った今でも、時々こんなふうに集まれる仲間がいるということがシアワセ。やっぱり苦労を共にした者同士、強い絆で結ばれてるのかな。思い切り食べて、飲んで、楽しむぞ~!というわけで、その日に備えてダイエット!?

 その2。映画”Blades of Glory”が12月に公開決定!夏にチューリッヒ行きの飛行機の中で見て以来、気になって、気になって仕方なかった、”男子”ペア・フィギュアスケートのお話。お馬鹿なコメディー(けなしてませんよ^^;)で、お腹が痛くなるほどの爆笑の連続。機内のあちこちから「ギャハハハ」とか「ウヒャヒャヒャ」とか「ブァッハハハ」とか爆笑の声が聞こえてきたけど、みんなこれを観ていたのかな?舞台やキャラクターの設定など、「あり得ない」のに「あり得そう」なリアリティーがあって、でも馬鹿馬鹿しくて、やっぱりうそ臭くて、何より気持ち悪くて・・・もう面白過ぎ。mixiのコミュもいつの間にかメンバーが増えている。それにしても「俺たちフィギュアスケーター」なんていかにも馬鹿っぽい日本語タイトルも、ハマり過ぎで、このタイトルをつけた人のセンスは脱帽モノ、と思っている。う~、楽しみだぁ~。
          Oretachi 
           公式HPでは予告編も観ることが出来ます。

| | コメント (8)

熟成中

 昨日は2週間ぶりのレッスン。私のレッスンは月3回なので、前回との間隔が1週とか2週とか空いてしまうことがしばしばある。そんな時は「お久しぶり~!」ということでもないけれど、何故か先生との雑談に花が咲いてしまうことがしばしば。これがまた、楽しいんだけど・・・^^;。昨日も時節ネタ、「運動会」で盛り上がってしまい、3~40分は話してたかな^^;。

 そして、「ソノリテ」→「アルテ」→「曲(40Little Piecesとデュエット)」といつも通り60分みっちりレッスンがあって、またまた・・・近所に出来たレストランの話題で盛り上がる^^;。とにかくよく喋った。おかげで喉がカラカラだぁ~。結局先生のところに2時間くらいいたことに・・・^^;。

 喋り過ぎて、気が緩んでしまったけど、次なる課題は「H dur」。家に帰って早速スケールをやってみるものの、指が楽譜どおりに動かない。頭の中ではF、C、G、D、Aがシャープなのはわかっているのに、それぞれの指だって習って覚えたはずなのに・・・、どうして順番どおりにちゃんと動いてくれないのぉ~~(泣)。こんな状態なんで、アルペジオなんてわけわかんない。ガリボルディのエチュード(20番)だってムズカシイのでちょっとブルーに。というわけで、この日の練習はもう終了!

 今日、一日経って「出来ないよぉ~(T_T)」ショックもちょっと和らいだところで、冷静に今後の練習計画を立ててみる。

  • 音階準備練習はまずゆっくり吹いて、指を間違えないようにする。
  • 音・指回しが完成したら少しずつテンポを上げる。
  • 同時にスケール&アルペジオやクロマティックの練習も並行してやる。
  • エチュードは曲を4つのパートに分け、一つずつ完成させる。
  • 出来てきたら通しで吹き、強弱やテンポを意識して練習する。
  • ソノリテはいつもどおり練習する。
  • 曲集は合間に^^;練習する。

 次回レッスンは来週。今回の課題はとても一回で○にはならないと思う。じっくり熟成型のプランを立ててみた。少しずつ進めて、少しずつ完成する喜びを感じながら進められたらいいなぁ。それに、エチュードの20番は前にタリアさんのサイトで聴いて、とても気に入っている曲。歌うように吹きたいなぁ~☆彡

| | コメント (6)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »