« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

ブログ更新している場合じゃないんですが・・・

「お休みは終わり~!!」と、気持ちを切り替えて頑張るはずだった練習が・・・

 先週のレッスンで、「mollづくし」からは何とか解放され、ホッとしたのも束の間。お次は”B dur”。次第にシャープやフラットが増えつつある。段々どの音が半音上がる(下がる)んだっけ??と首をかしげるようになってしまう。音楽的センスのある人にとっては旋律の流れの中で、自然に、感覚的に捉えることが出来るのかもしれないけれど、音感の鈍い私には、「問題の音」に印でも付けておかないと、混乱してしまう。読めない外国語にカナをふって読むような感覚かな。それと、またまたブリチアルディキーの登場。今のところ、これを使わない運指でも不自由していないけれど・・・後々きっと便利だなぁと思う日が来るかもしれない。その時のために、今から慣れ親しんでおきましょう^^;。

 エチュードはNo.9。なかなか躍動的なメロディーで、おてんばな女の子みたいな曲。ひざ小僧が「赤ちん」でいつも真っ赤だった自分の小さな頃をつい、思い出してしまう^^;。そう、あの頃は「マキロン」はなかった^^;。なぁ~んて、懐かしんでいる場合ではない!後半”Più mosso”からテンポの変わるところが~(T_T)。上手く出来れば、「聴かせどころ」な感じだけど、私のは・・・階段3段抜かしで転げまくりの、傷だらけ(T_T)。つい、速くしなくては・・・と思うのがいけないのかも。装飾音も決まらないし、最後三連符でキメるところも、「ファ・レ・ファ」の運指が上手くいかない。先生は「そんなに難しくないから、やっておいてね。」と軽~くおっしゃいますけど・・・今までを振り返ってみると、先生が「難しくない」と言った曲が、簡単だった試しがなかったりして・・・^^;。

 ”40 Little Pieces”はベートーベンの”Adieu to the Piano”(「さらばピアノよ」)。初め、「なんじゃこりゃ?」な感じだったのが、今は段々好きになりつつある。”Trio”のところからがお気に入りポイント。先生のピアノ伴奏で吹くのが今から楽しみ(^^)。

と、こんなところが今回の課題。でもでも、その仕上がり具合は・・・

 連休後は気持ちを切り替え、練習に励んでいたところ、先日の「エリザベート」で大感動。以来、連日DVD鑑賞に明け暮れ、ついに、心はウィーンに旅立ってしまう。地下鉄や市電に乗って、名所・旧跡を訪れ、 ケルントナー通りでウインドー・ショッピングを楽しみ、歩き疲れるとカフェでコーヒーを楽しみつつ、甘~いケーキに舌鼓を打って、夜はホイリゲでワインを堪能。酔っ払って頬張ったウィンナー・シュニッツェルで、口の中をヤケドする^^;。それからオペラ。ドレスアップして、ウィーン国立歌劇場へ・・・。

 そんな「ウィーン・妄想の旅」^^;からやっと帰国したと思ったら、先週末は長女の運動会。そんな何気ないイベントも、我が家の場合は・・・。こういう機会に集まるのが大好きな私の身内。例年通り、いつものメンバー(夫と私の両親、妹一家)が集まり、前夜祭・後夜祭が行われる。そして今年の「前夜祭」は、この日に届くように取り寄せた、「旬」のホワイトアスパラガスを振舞う。茹でたてのアスパラガスに卵黄・バター・レモンを湯煎にかけて作ったオランデーズソースをかけてシンプルに。
            Aspara
                 北海道の羊蹄山麓からやって来ました。   

         Aspara_1
  ソースは温めなおしたら分離してしまった(T_T)。失敗!なことはみんなには黙っとこう^^;

 そして、この日のメインは豚肉のロースト。人が集まる時のメニューは、あまり繊細な手順を踏まずに出来るものがいいなぁ~・・・となると、肉食動物の私には「肉の塊」しか思いつかない^^;。
         Dinner
       お肉は皆に行き渡るよう^^;2kg用意しました。業務用スーパーで購入。

 塩・胡椒・ローズマリー・潰したニンニクをまぶし付け、しばらく置いてからオーブンに放り込むだけ。お肉から脂が出てきた頃、新ジャガイモも投入すれば、メインと主食が同時に仕上がる超・便利メニュー。自分でも毎度ワンパターンだなぁと思うものの、簡単で見栄えもするし、ついつい「ロースト系」のものになってしまう。

 というわけで、週末の我が家は「民宿状態」^^;だったので、結構疲れた~(飲み過ぎのせいとの説も^^;)。で、その疲れが尾を引いているのか、今でもなんだかボーっとしてしまい、やる気のない日々を過ごしてしまっている。さぁ、レッスンは明日。どうなっちゃうのでしょうか??

| | コメント (10)

お休みは終わりです!!

 今日は2週間ぶりのレッスン。前回、ズタズタだったアルテ15課第2章「d dur」の再挑戦!この前は、はっきり言って、あまりの不出来具合に落ち込んだし、腹が立ったし、悔しいし・・・で、かなり気合を入れて練習してた。高音も前よりは安定して出るようになってきたので、ちょっと明るい光が見えてきて、前向きに打ち込むことが出来た・・・でもこれはGWに突入するまでのお話し^^;。

 連休に入っても、最初の1日、2日は何とかやっていたものの、いろいろなことをやり始めるとつい、集中力が急降下。後半は実家に行ってしまったので、フルートに触れることもなく、連休は終わった。日常生活が通常モードに入ってから、あわてて今日のレッスンに向けて練習をするハメに。

 さて、レッスン。今、うちではバラが咲いているので、一輪、先生に差し上げた。香水みたいに良い香りですねぇと、大変喜ばれた。私は内心緊張していたので、「ええ」とか「はぁ」とかしか最初は返事しなかったのだけど、先生にバラのことをいろいろ訊かれるうちに、またおしゃべりスイッチがオン!に。話がどんどん逸れて、よその家の庭の話にまで発展してしまう。とにかく、いろいろと語ってしまった!

 いざレッスンとなると・・・家を出る直前まで音を出して、感覚を忘れないように、ちゃんと注意するポイントも整理してきたのに、喋り過ぎて楽器を構えると頭の中が真っ白。アチャァ~~!

 こんな具合に、今日はなんだかわからないうちにレッスンが始まり、終わってしまった。でも、嬉しかったのは、「今日は音が良く出てますね。」と褒められた!頭を真っ白にして、無の心(?)で吹いたのが功を奏したのかな?こんなので良いのかと思うけど、「d dur」も何とかクリアした。あれほど苦しんだ^^;「スケールとアルペジオ」も、まぁ形にはなった(欲を言えばいろいろあるけど)。曲の宿題も、エチュードNo.7は何故か一発合格だったし、40 Little Piece の「アンダンテ」(ハイドン)も○だったし、滑り出しは上々!?ということにしておこう。

 今度の宿題は「H moll」。曲はエチュードNo.8とデュエット集の12番。ソノリテは高音域の練習。ソノリテ以外は何故か「mollづくし」。気分が暗くなりそう~。でもがんばるぞ~!と、アルテを見ると・・・高音のBとHが並んでる~。指使いが難しい・・・。「ブリチアルディキー」みたいな「逃げ道」^^;はないのかなぁ?先生に訊いとけばよかった・・・。

| | コメント (6)

ゴールデンウイーク・前半

 我が家では連休というのは基本的にあまり出かけない。出かけても、私の実家へ行くくらいで、せいぜい半径20キロメートル圏内で動いている程度。連休にすることは大抵、草花の苗の植え付け、衣類の整理、そして家でおいしいものを食べる・・・こんなところがウチのゴールデンウイーク3大イベント^^;。

 フルートについては、上手く出来なかったスケールとアルペジオ、高音が、何とか形になりつつあって、悲しいくらいメチャクチャだった前回のレッスンから何とか立ち直ることが出来た。どぉ~んと落ち込んでいたわりには、早い立ち直りで我ながら呆れてしまう。でも、そのおかげで3大イベント、明るい気持ちで臨めたのでよかった!(^^)!。

 まず、イベントその1「植え付け」。今年はベランダで育てる植物を増やすことに。庭は見て楽しむ草花がメインだけど、ベランダでは食べられるものがメイン。必要な時に必要なだけ収穫できて便利ということで、主にハーブ類を育てている。毎年植えるバジルやシソに加え、今年はレタスも植えてみた。葉の色や形がきれいだし、お料理にちょっと添える時にも便利そう。それから、もう何年も植えっぱなしになっているイチゴも、今年は花を沢山つけている。実が成るのが楽しみ~(^^)。

 Garden_2     Garden_1
 観葉植物としても、サラダの彩りにも楽しめそう。  真面目に育てていないので味は期待できない^^;。

 庭はバラがこれからが見ごろなので、それだけで見栄えするでしょうということで、あまりいじらず。もう赤みを帯びたつぼみをいくつもつけているイングリッシュローズ(品種は「アブラハム・ダービー」)、これも楽しみ。

             Garden_3
                      開花は来週くらいかな?

 イベントその2は「衣類の整理」。この時期、引き出しといい、クローゼットといい、夏物・冬物混在状態で、ごちゃごちゃ。肌寒い日があるかと思えば夏のような日もありで、仕方がないとは言え、毎日苦々しい思いをしながらも、「GWになったら片付けるから・・・」と、見て見ぬふりをしてきた^^;。ここに来て天候も落ち着いてきたので、冬物は思い切って洗濯して片付けてしまう事にした。寒い冬の間、暖かく身を包んでくれたニット類は丁寧に洗って、干して、次の出番まで休んでもらおう。う~ん、これだけのことで、「ひと仕事したなぁ~。」と達成感に浸れて、とても充実している私はとっても安上がりだぁ~!

 さてさて、イベントその3「家でおいしいものを食べる」。外で食べてもいいのだけど、この時期、どこも混んでいて落ち着かない。というわけで、あえて「家で」ということにこだわる。その分、普段は作らないようなもの、食べないようなものを食べる。かけられる手間もかける。だって、GWだもんね。ということで、連休中のある日のディナーは「鴨のラグー」。ソテーした鴨のもも肉を、香味野菜とセップ(ポルチーニ。きのこです。)の入ったトマトソースで煮込んだもの。煮込んでいる間に、付合わせのパスタも手作りしてしまおう。だってGWだもんね(^^)。

Img_0014 塩・胡椒をして、鴨にお休みいただいている図。肉が赤みを帯びているのは、窒息させて絞めた鴨なので(カ、カワイソ~)、うっ血を起こしている(コ、コワ~)。お肉屋さんによると、肉の中に血が留まることで旨みが増すとか。で、結局は「かわいそう」とか「コワイ」とか言っている人が一番喜んで食べていたりする^^;。

Img_0023_1 そば粉入りの手打ちパスタ、「ピゾッケリ」というのを作ってみた。卵白を入れてこねるので、意外とぷりっとした口当たり。本にはオリーブオイル系のソースと合わせるレシピが出ていたけれど、トマトソースもいける。それに、「鴨」と「そば」って相性がいいと思う。う~ん、「洋風鴨南蛮」??

で、こちらが完成図。

        Img_0031

          仕上げに削ったパルミジャーノとパセリをのせて出来上がり!

 香り高いセップと、濃厚な鴨の味の溶け出したソースが美味しい(と、自分で言ってしまう^^;)。う~ん、ワインもすすんでしまうけど、OKだよね。だってGWだもんね(しつこい!)。

 ここまでを振り返ってみると、「連休だっていうのに、はるなさんちは子ども達をどこにも連れて行ってあげないんだぁ~。」と思われてしまいそうだけど、連休終盤にちゃんと連れて行きますよ、実家へ^^;。「お手軽な!」と思われそうだけど、ところが、子供たちも私の両親もとても楽しみにしていて、きっとGWのメインイベントになると思う。

| | コメント (7)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »