« 改めて、「ムズカシイ」と感じる今日この頃 | トップページ | ゴールデンウイーク・前半 »

今日はどん底

 今日のレッスンは・・・ダメダメ(>_<)だった。もう、めちゃめちゃ。最初のソノリテで、のっけから「喉、閉まってますよ~。」と指摘される。そこでいったん中断して、ロングトーンの練習。タンギングは付けずに、お腹から出した空気をそのまま吹き込むようにして音階を延々と吹く。全く自覚ナシなのだけど^^;、私には一音一音喉で音を止め、区切るようにして吹く癖があるらしい。しばらく続けるうちに、少し改善されたような気が。これからも、普通に呼吸することを意識して空気を送り込むことが今後の課題。

 そして、アルテ15課第2章、D dur。もう本当にこれは、つらかった。1週間、頑張ったけど、どうにもならなかった。主な原因はまず、Fisをはさんだ指回しがダメなこと。特にアルペジオは撃沈!とほほぉ~(>_<)。そして高音が上手く出せないこと。

 高音については、何度も何度も1人で練習していてけれど、全くかすりもしなかった。だからせめて指だけでも・・・と、「音階とアルペジオ」の練習は指メインで頑張ってみた。アルペジオの「レファラレファラ・・・」は指がもつれて泣きたい気分だった。でも、これは1週間で何とかスムーズに動くようにはなった。

 でも肝心の音が・・・。高音は15課に入ったばかりの頃は、結構続けて練習していたせいか、何とか出るようになった。なのに、せっかく出るようになってきていた頃、ちょっと出来るようになってイイ気になっていたのと、これらの音があまり登場しなくなったことで、最近高音の練習をちゃんとやってなかった。その結果、高音の部分は指だけが動いていて、キーがパクパクいう音がするのみという悲惨な結果だった~(T_T)。

 途中ブレスをとって良いから、もっとゆっくり吹いてと言われ、再挑戦するも、鳴らない。その部分だけを取り出して吹いても、鳴らない。いったんこんな状況になると、今まで鳴っていた音まで鳴らない悪循環。もう、苦笑いするしかなかった。もう、「おうちに帰りたいよ~(T_T)」な気分。あまりにも音が出ないので、先生が楽器を調べてくれた。先生は高音でガンガン吹いて音を出した。ちゃんと音は出てる。楽器のせいじゃない。私のせいだ~。高い音も出してやらないと、出にくくなるということだった。ということで、つまり、私のサボりが原因ということが判明^^;。

 またまた、本題から逸れて、今度は高音の練習を。前にやったD→G→Aと吹いてから、D→G→A→Hまで吹く練習。 出た!音が出た!!なんかさっき泥沼にハマっていたのがウソみたい!もしかしたら、さっき先生がやっていたのって、「オラオラ、ちゃんと音出ろよ、ゴルァ!」ってヤキを入れていたのかしら^^;。とにかく、高音をちゃんと出せるようになりましょうとのことだった。次回レッスンは再来週。あぁ・・・それまで、また高音の練習だぁ~。

 今回、曲はエチュードNo.6もデュエット集もOKだった。デュエットは16分音符の固まりがズッコケまくりで、階段から転落しているみたいだったから、おまけのマルだけど・・・。次回はエチュードNo.7と40Little Piecesの27番「アンダンテ」。エチュードはなかなかいい感じの曲(^^)。「アンダンテ」は・・・なんかよく分らない^^;。この曲集には、自分的に「萌え~」な曲があまりないなぁ・・・。

 今日は本当に情けない尽くしだった。あまりにも悔しいから家に帰って、早速高音の練習にトライ!、先生がヤキを入れてくれたおかげか(?)、出るじゃないの~、高音のHが!Fisもつぶれないし!!「ちゃんと音が出せるようになってからでいい」と言われたけれど、「音階とアルペジオ」、調子に乗って吹いてみると・・・でっ、出来たよ!今までのは一体何!?って感じ。今すぐ先生のところに戻って、聴いてもらいたいくらい^^;。

 って、また、ちょっと出来るようになって調子に乗っていると再び転落なので、コツコツ地道に頑張らなくては。GWは高音の特訓!?

|

« 改めて、「ムズカシイ」と感じる今日この頃 | トップページ | ゴールデンウイーク・前半 »

フルート」カテゴリの記事

コメント

私も今日レッスンだったのよ。
>「萌え~」な曲がない・・・
私も同感です!私なんてまだ9.10が宿題になったところよ。この調子で40まで頑張るのかしら・・・(涙)
>高音・・・
15課2章の頃は私も全然高音ならなかったよ~。
アルテス1巻が終わった今は、スケールやアルペジオなら鳴るけど、まだぜ~んぜん綺麗じゃないです。私もGWは高音&低音のアタックが課題かな・・・。
今回宿題のケーラーのエチュード2番はアルペジオが沢山出てくるのよ。15課をまじめに頑張っておくと後が楽ですよ^^)

投稿: syrinx | 2007/04/26 19:41

あらららら~。残念でしたね。
私もそんな日よくあります(^^;
「ごめんなさい。今日はこれでっ(汗)」って帰りたくなる~。
一度そういうモードに入ってしまうともうダメ。
音は外れる・かすれる・小さくなるし、
指はもつれる・遅れる・間違える~。
で。立ち直れません。。。

高音、コンスタントに吹いていないと音が出なくなるんですね~。
難しくて苦手なので、私も練習サボリがちです。
これからはロングトーンだけでも続けていくようにしよう。。。

投稿: くろねこ | 2007/04/27 06:52

♪コメントありがとうございます
お返事が遅くなってごめんなさい♪

♪syrinxさん♪
「40little~」は、やはりそうですかぁ~^^;なんか生真面目な雰囲気の曲ばかりで・・・でも、先生のピアノが入ると、ちょっとは救われます。アルペジオは、いずれ沢山出てくるから、ここでしっかり覚えておくといいですよ、と言われました。将来的にsyrinxさんと同じ本を使うってことなのかなぁ?って、それがいつのことになるのかは分りませんが^^;。とにかく、頑張ります!

♪くろねこさん♪
そうそう、いったん悪循環のツボにはまってしまうとダメですよねぇ~^^;。そんな時はちょっと時間を置いて、またやってみるとOKってこともありますが、短いレッスンの間で、それは無理ですからねぇ~。そんな日は結局、どよぉ~んと落ち込んで帰る羽目に。お互い、苦手なところはいろいろですが、「継続は力なり」の言葉を信じて頑張りましょうね!

投稿: はるな | 2007/04/28 11:09

こんにちは。
不思議と体がラクで音が鳴るときと、喉がつまる音が鳴らないときとありますよね。私もそのムラが最近だいぶ少なくなってきたものの、ひどいときは途中でフルートを吹くのを投げ出したくなるくらいの時があります。練習をしていったのにこうなるともう目も当てられませんが、もともとの性格がいいかげんなせいか、最近はあまり落ち込まなくなりました…。

ちなみに、飲み会の翌日二日酔いで目が回り頭痛がひどいままでフルートに行った時と、病み上がりで全く練習もせずフルートに行った時に驚くほど音が鳴り、先生からえらくほめられた経験があります…。何でこうなるの?と思いますが、よく考えると共通しているのは体に力が入ってない、うまく吹こうと思っていない、そんな状態だったような。変な力みがないようにすると、音が出て結果的に楽しく吹けたりするみたいです。最近はレッスン時に余計な事を考えないようイメージトレーニングしてたりしますが、「この曲今週中には仕上げたい!」などと思ったりするとなかなかうまくはいかないものです…。

投稿: タピアン | 2007/04/29 12:53

こんにちは。GWに入って練習の調子はいかがですか?
私も焦れば焦る程ダメになって、音が出なかったり濁音のままだったりします。
レッスンでも全く要領を得ず落ち込んで帰った事覚えていますよ。

高音(低音もかな。)って、吹かないと出なくなるんですか?
じゃ私も日頃の練習でも低~高まできっちりと練習する様にしますね。

いつもリラックスして吹ける様に精神面でも訓練しなきゃ~って最近思います。
お互いに楽しく頑張っていきましょうね♪

投稿: Alice | 2007/04/30 16:56

コメントありがとうございます♪

♪タピアンさん♪
二日酔いの時ですかぁ~!?私はダメだなぁ~・・・って、二日酔いの度合いが違うのかもしれませんね^^;。でも、上手く吹こうとすると吹けないのは私もそうですね。気負うとダメですね。でも私の場合ある程度の気負いや「今週中には仕上げたい!」みたいな強迫観念^^;もないと、目標が定まらないというか、ダメみたいなんです。なんかそこら辺のバランスがややこしいのですが、自分の癖みたいなものを上手く利用してやっていくしかないのでしょうね。

♪Aliceさん♪
音を出してやらないと、楽器が音を出せないのか、自分が音を出すことが出来なくなるのか、その違いは不明ですが^^;、先生はよく、使わないと音が出なくなると言います。どういう理屈かはともかく、続けて出していると、確かに音は出るようになるみたいで、高音のBも勘を取り戻しつつあります。フルートを始めてからいろいろな「?」に出会っていますが、それだけ奥が深いのでしょうね(^^)。

投稿: はるな | 2007/05/01 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 改めて、「ムズカシイ」と感じる今日この頃 | トップページ | ゴールデンウイーク・前半 »