« 15課第2章 | トップページ | 楽しいです♡ »

バッグ、嬉し恥ずかしの^^;完成

 練習の合間を縫って、作っていたフルート・バッグが、昨日、やっとめでたく(?)完成\(^o^)/。いやぁ~、マイッタ~。参りました。降参!やっぱり「餅は餅屋」。「バッグはカバンやさん」だわぁ~。ということで、こういうものは本職の人に任せて、自分で作るのはもうたくさん!と思った。

 と、いきなり結論と感想でオシマイというのもあんまりなので、ちょっと製作過程を振り返ってみると・・・

 気に入った生地を見つけたものの、どんな風に作るか決めていない。まずは構想を練ることに。でも、バッグ類など、幼稚園や学校で使うような袋物しか作ったことがない私には、何をどう考えて良いのかさっぱり。そこで、「バッグ作りの基礎ノート」という本に出ていた「ボストンバッグ」を参考にすることに。

 「ボストンバッグ」と「フルート・バッグ」、一見参考にならなさそうだけれど、よ~く見ると・・・側面の形をフルート・ケースの形に合わせて、細長い長方形にすればバッチリじゃないのさっ(^^)。でもって、ファスナーなんかも、スライダーが2個付いた両方向に開けるタイプにすれば、ガバっと開いて出し入れラクラクじゃん♪イメージが湧いて来たところで、ラフスケッチをしてみた。それを元に、ケースのサイズに合わせて、各パーツの寸法を出してみる。ラフすぎるラフスケッチで、本人以外(んん?本人も??)、もはや理解不能な状態だけど、頭の中には詳細な設計図と私の実力以上の仕上りの^^;「完成予想図」まで鮮明に出来上がっている。こうなったらもう出来たも同然!鼻息も荒く生地屋さんへダッシュ!!幸いあの生地はまだあった。            

 Bag3_1      Bag2_3 
    これを横長に作ればいいんだぁ(^^)          こんないい加減なのでいいんだろうか??

 続いて裁断。そして生地の下処理。表地は例の刺繍の生地。割としっかりした手触りの生地だけど、よりハリを出すために、裏面には中厚の接着芯を張る。裏地にはキルティング生地を使用。しかも、2枚重ねにする。大切な楽器を衝撃から守りたいからね~^^;。でも、これがのちに「ガン」になるとはまだ気付いていない私だった。そして、それらを両面接着シートを使って張り合わせる。

 いよいよ縫製。作業も山場。丈夫さと安全性を重視した3層(4層)構造のバッグは・・・結構ゴツイ^^;。ミシン針が普通のではヤバそうなので、レザー用を使用。でも、ミシン自体が「ちょっとしたものを縫う」用の柔なミシンだから、こんなゴッツイものを縫っていたら火を吹くんじゃないかとちょっと心配になってきた。早くも、「もうやめたい」モードに。

 それにしても、なんなんだ~この厚さ。まち針を何本もひん曲げてしまったし、何度も指にブスブス刺してしまった(>_<)。しかも縫いにくい。特にこんな風に立体的なものを縫うとなると、コーナーの立ち上がり部分がかなり厳しい。縫い代の上をちゃんと縫えないし、角がつれてキレイに仕上がらない。コーナー部分は丸みをつけた方が縫いやすかったかも。

 ずれないようにとしっかり生地を押さえる指先にも異常に力が入って、痛くなってきた。腕も疲れた。慣れないことするのって、こんなに大変なのねぇ~(T_T)。と、結構大変だったけれど、どうにか本体が出来上がった。とホッとしたのも束の間。ここに来て、裏地のキルティングの縁に「ほつれ止め」のジグザクミシンをかけておくことを忘れていたのに気付く。おかげで切り口がボワボワだよぉ~(>_<)。気を取り直して、最後の仕上げに。持ち手を付けて、やっと出来たぁ~(涙)完成した嬉しさよりも、「もう明日からやらなくていいんだぁ~」という思いの方が正直、大きかった自分が情けない^^;。

         Bag1
            事情があって^^;、真正面からは撮れません。                  
                    (注)クリックしても恥ずかしがって大きくなりません

 なんだか愛嬌たっぷりの仕上がり^^;。「まち」の部分がちょっとベコベコして波打っている。内側の縫い代はバイヤステープをかぶせて処理するつもりが、分厚すぎてもうこれ以上ミシンで縫うことは不可能に。手縫いで付ければ出来るかもしれないけれど・・・もうそんな気力ありましぇ~ん(;_;)。また、気が向いた時にでも。何年後になるかわからないけれどね^^;。とりあえず「完成」なんだけど、レッスンに持って行く勇気は・・・まだ無い。

 そして、このたびの反省点は・・・

  • ここまで分厚くしなくても良かった
  • 角は丸みをつけたほうが良かった
  • キルティング生地の縁には事前にジグザクミシンをかけておく
  •  と、今、感じているのはこんなところ。でも、今回の反省点を踏まえて、次回は・・・っていうのは、きっとあり得ないだろうなぁ~。正直なところ、もう二度と作りたくないというのがホンネだから^^;。

    |

    « 15課第2章 | トップページ | 楽しいです♡ »

    フルート」カテゴリの記事

    コメント

    こんばんは。ごぶさたしておりました。
    あの刺繍の布でフルートバッグを作られたのですね。上手にできていると思いますが…私などはとてもこれはできないなあと感心しています。
    お気に入りのバッグを使ってレッスンに行くとなると気持ちもうれしいですし、練習にも力が入りますよね。アイロン等がかけられるようならべこべこの部分が少し平らになるような気がしますね。

    投稿: タピアン | 2007/03/16 21:41

    右の図面を見ると持ち手と持ち手の間の厚みにファスナーをつけておられるような・・・
    スゴイです!
    よくぞこんな面倒なのを作られた・・と思います。
    実は私、かなり昔、趣味で手作りショップをしていました。
    そんな私でさえこれは面倒です!
    ただただ拍手!・・・です。
    お疲れ様でした。
    手作り、オリジナル、一点物です。
    自信を持って 持たれますように。 (^_^)v

    投稿: のこ | 2007/03/17 21:24

    コメント、ありがとうございます☆

    ♪タピアンさん♪
    ちゃんと出来てますか~?そう言って頂けるとうれしいです(^^)。ちょっとアイロン整形(?)を試して、上手くいったら、次のレッスンに持っていこうかと思います。

    ♪のこさん♪
    「まち」の中心にファスナーをつけましたが、スゴイとかそんなこと、全然分らなくて…要するにテキトーなんです^^;。のこさんは手作りの作品のお店をされてたんですか。でしたら、こういう方面はお得意なんですねぇ。うらやましいです。
    ただ今バッグを持つ自分を鏡に写し、自分の目をバッグに慣らしているところです^^;。

    投稿: はるな | 2007/03/18 14:37

    素敵よ!素敵~!
    手作りが苦手な私にとって、ファスナーなんてもってのほか!
    昨日2号が学校に持っていくエプロンをようやく作ったところです。もう、子供の工作並みの仕上がりです。
    でも、布を買いにお店に行ってみると、なんだか自分にも出来そうな気がしてくるので、不思議・・・。
    >明日から・・・・
    この不器用な私が、子供の幼稚園リュックを作ったときを思い出しました・・・。
    何より、完成おめでとうございま~す♪

    投稿: syrinx | 2007/03/20 08:43

    syrinxさん、こんにちは♪

    「素敵」なんて言ってもらえてうれしいです!(^^)!。
    ファスナー付けは、私も敬遠がちです。難しいですものね。
    ただ、スカートやワンピースみたいに、ファスナーが見えない
    ように付ける必要がなかったので、私でもどうにかなりました^^;。

    ホント、「できたぁ~!」という達成感よりも、「解放される~」って
    事の方が嬉しかったりするんですよねぇ~^^;。

    投稿: はるな | 2007/03/20 21:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « 15課第2章 | トップページ | 楽しいです♡ »