« パン | トップページ | 表現することの難しさ »

ウレシ~!!

 先日のレッスンで、15課第1章、「C dur」がどうにか全て○になった。あんなにもがいていた④の高音Hを含むスケールがスルっとできてしまった。それとエチュードの1番も。

 ④は毎日毎日練習していたにもかかわらず、いっこうに良くならなかった。けれど、一つ前の記事に頂いたpiccoloさんからのコメントを参考にしながらレッスンに行く一時間前、集中的に練習してみた。初めに音の並びと指使いを落ち着いて頭の中で整理して、普段のゆっくり目よりも、かなりテンポを落として吹いてみた。出来るようになったら高音が抜けないところまで、テンポを上げて、今度はリズムとアーティキュレーションを変えて練習してみた。「付点音符をつけたパターン」や「スラーとスタッカートを交互に組み合わせたパターン」で、ということでいろいろ試すうちに、次第に高音が安定してきた。指回しがスムーズになったような気もしてきた。

 そうなってくると気分的にも、かなり自信が持てて、あんなに苦しんでいたのがウソの様に滑らかにスケールが出来た。先日、時間をかけてやった時よりも、1時間しかない中での練習の方がかなり高い集中力を持って出来たみたい^^;。そして、テンションが下がらないうちに、意気揚々と先生のところに出かけた。本当は、いい音が出た時のそのままの状態で行きたくて、フルートを口に貼り付けて行きたい程だったけれど、それではちょっとヘンな人っぽいから、一度分解してケースにしまい、家を出た。

 いつもレッスンはソノリテから始めるのに、何故かこの日はアルテから始めた。もしかしたら私から「先にアルテやって!早く④吹かせて!!バッチリ練習してきたんだからっ!!!」オーラが出ていたのかなぁ~^^;。

 第1章には他に、A moll、G dur、E mollが残っている。とりあえず次はA mollをやるということで、帰宅後早速練習開始。だけど、「一難去ってまた一難」^^;で、A mollにはGisが出てくる。これも私の「出しにくい音ランキング」の上位にある音だ(>_<)。久々に吹いたらやっぱり上手く出せない(T_T)。それに、これからもまだまだ完全ではない高音Hは付きまとうし・・・と、ややくじけそうになっていたら、今度はsyrinxさんからコメントが(^^)。

 早速「楽に出る音から、そのままの口の形で力まずに上がっていってみてね。」というsyrinxさんの教えに従い、高音Gあたりから、半音ずつ上げてHまで吹いてみる。ちょっとでも力んだら、すぐストップして、一度身体をブルブル振って力を抜いてから再び挑戦。そんなことをしばらく続けるうちに、Gisも少し勘を取り戻しきたみたい。力を抜いても粒の揃った音が出てくるようになった!!A mollのスケールもアルペジオをもまだまだだけど、頑張れば出来るかもと思えてきた。あと、宿題になったのはエチュード2番。出しにくい音は殆ど出てこないから、練習して曲に慣れればどうにかなるでしょう…と気分もかなり前向きに。さらに調子に乗って、G durやE mollの予習までしてしまった。最近はいっぱいいっぱいで、予習をすることなんてなかったのに…。でも、あんまり調子に乗り過ぎると、また、壁にぶつかった時が恐ろしい…^^;。

 そんなわけで、piccoloさん、syrinxさん、アドバイス、本当にありがとうございました。なんだか目の前のモヤが急に晴れたようで清々しいです。それから、いつも遊びに来てくださる方々のコメントにも、「頑張ろう!」という気持ちにさせていただいてます。いつもありがとうございます。

ワタクシ、この三連休は練習三昧で過ごしま~す(^^)。

|

« パン | トップページ | 表現することの難しさ »

フルート」カテゴリの記事

コメント

きゃー!はるなさ~ん!良かったね。
自分の事のように嬉しいわぁ。
コメント書いたあと、なんか押し付けがましくないかなぁ・・・ってちょっぴり後悔していたくらい。
こんな大々的に名前載せていただいて、いいのかしら・・・って思っちゃう。こちらこそありがとう。
でも、凄い!私なんか第1章の頃Hは殆ど出てなかったもの。汽車ポッポでした・・・。
この調子よ!頑張ってね。
はるなさんが、頑張ってると私も頑張らなくっちゃ。って思えます^^)V

投稿: syrinx | 2007/02/10 19:33

参考にしていただけて何よりです。私もはるなさんを見習って練習にがんばらないといけないのですが・・・ちとサボリ気味です・・・
三連休が練習三昧とは・・・恐れ入りました!

投稿: piccolo | 2007/02/11 07:49

すごい上達っぷりですね~!!
私もレッスン前、やっぱり練習しようかな。
ほんとは家族の前では練習したくないので
止めてるんですけど、
高音になってからはまるでレッスンのとき調子が悪いので、はるなさん見習ってこれからレッスン前練習します~

投稿: なおみん | 2007/02/11 19:52

皆さん、コメントありがとうございます。

♪syrinxさん♪
アドバイス、ありがとうございました。とても助かりましたよ~。音がスルっと出ると、本当に気持ちがいいですよね。あの感覚を忘れないよう、これからはピシッと音の決まる確率がもっと上がるように頑張ります。これからもよろしくお願いします☆

♪piccoloさん♪
詳しくて、丁寧なアドバイスありがとうございました。音の並びは同じでも、リズムやアーティキュレーションを変えることで、指回しがちゃんとしてくる感覚、初めて味わいました。この方法はこれからも取り入れて行きたいと思います。え~、「練習三昧」なのは、実は…連休なのに、何の予定もないからだったりします^^;。

♪なおみんさん♪
家をを出る前は、いろいろ慌しいので、レッスン当日の練習というのは殆どしてませんでした。でも、やってみて良かったと思ったのは、問題点を直前に頭の中で整理できるし、時間がない分、集中してできるということです。ぜひお試しください☆

投稿: はるな | 2007/02/11 23:18

はるなさん、こんばんは。とても嬉しい&楽しい気持ちが伝わって来ました~。良かったですね☆

私もぴっころさんやSyrinxさんのコメントを参考に音階練習工夫して頑張ってみようと思います!
私はそれ以外の点もまだまだ課題が山盛りですが、早く力まず吹ける様になれば良いなぁ~。

投稿: Alice | 2007/02/12 00:12

こんばんは。
完璧に3オクターブ出るようになったらもうこわいものはありませんね。すごい!!
piccoloさん、Srinxさんのアドバイス、私も参考にして高音の練習してみます^^…って私はまだ高音B、Cは封印状態。G♯やF♯あたりですが。
私も家族の前ではうるさいかな?と思いあまり練習できない→練習時間がおのずと短くなる…の繰り返しでしたが、はるなさんの記事で短い時間でも上手に練習すると全然違うものなんだと気がつきました。時間が取れないのは理由にならないですね。ありがとうございます^^

投稿: タピアン | 2007/02/12 20:07

はじめまして。くろねこさんのLINKからたどり着きました。
15課なんてスゴイっ♪憧れちゃいます^^私もアルテでレッスン始めたばかりなんですが、まだ3課です。早く上手になりたいっ!どうもドレミに苦戦してて^^;左手人差し指と右手の小指が上手く動いてくれません。
練習あるのみです・・・
出来なかったことが出来るようになった喜びは格別ですよね!
また遊びに来ます♪

投稿: AKI | 2007/02/12 20:37

やったね☆やっぱり練習したらそれに応えてくれるんですねぇ。
おめでとうございます(^^)
私もいつかはるなさんと同じところで引っかかったら…ここのブログ読みに来よう♪
今日からアルテでのレッスンが始まります。
1年後には、はるなさんみたく吹けるかな~。

投稿: くろねこ | 2007/02/13 10:55

皆様、コメントありがとうございます。

♪Aliceさん♪
今まで、あまりも行き詰っていたので、つい嬉しくて、テンション高めで記事をアップしてしまいました^^;。音階練習は大切な基本ですよね。Aliceさんもご自分に合った方法、いろいろと試してみてくださいね☆

♪タピアンさん♪
まだまだ完璧ではないですが、少しずつコツがつかめてきました。確かに、高音の練習は「騒音公害」的な面もありますよね~^^;。でも、あまり気にせず、撒き散らしている私だったりします。

♪AKIさん♪
はじめまして!コメントありがとうございます。指使いはややこしくて、混同しやすいものもありますよね。ゆ~っくり、確かめるように、一つ一つやっていくと、きっと大丈夫!私は他の教則本を使ったことはありませんが、アルテを順番通りこなしていくと、指使いもちゃんと覚えていけるように思えます。なんて、偉そうに書きましたが、そんな自分も現在、格闘中です^^;。どうぞ、また、遊びにいらしてください。これからもよろしくお願いします☆

♪くろねこさん♪
今日からアルテですか。レッスンはいかがでしたか?確かに「楽し~(*^。^*)」って感じではないですけど、基礎がしっかり身に付くということですので、頑張ってね!あと、デュエットの練習曲は楽しいですよ。初めて先生とデュエットした時は、感動して、ちょっとウルウルっと来ました~^^;。

投稿: はるな | 2007/02/13 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パン | トップページ | 表現することの難しさ »